150年の歴史を誇る、巨大博物館
カリフォルニア科学アカデミー

いたるところにエコシステムが設置されている建物

いたるところにエコシステムが設置されている建物

サンフランシスコの西側のゴールデンゲートパーク内にある植物園、水族館、プラネタリウムそして、研究・教育機関を持つ大型施設です。150年以上の歴史のあるこの施設は、2008年に3年間の改装期間を経て、リニューアルオープン。環境にやさしいハイテク科学施設と言う感じになりました。

現在の建物は、建築界のノーベル賞といわれるプリッカー賞受賞建築家のレンゾ・ピアノが設計したもの。環境に考慮した造りになっていて、現在、“世界で最もクリーンな施設”と言われています。建物の大部分が窓で太陽光をふんだんに取り入れることができます。

屋根には2階からアクセスできる

屋根には2階からアクセスできる

そして、なんと言ってもこの建物の最大の特徴は丸い屋根、リビングルーフ(Living Roof)。直訳すると生きている屋根とでも言いましょうか。つまり、屋根が緑で覆われているのです。ここには、サンフランシスコ周辺に生息する170種もの植物が植えられていて、1年中きれいな花を楽しむことができます。また、太陽光を取り入れる窓や、太陽光発電のための太陽電池セルも設置されています。

 

世界中の海洋生物たちが集う水族館

海の生物に直接触ることのできるコーナーもある

海の生物に直接触ることのできるコーナーもある

地下1階は水族館スペース。そんなに広くはありませんが見応えは十分。世界中の海に住む900種類以上の海洋生物が約38000匹飼育されています。展示は世界の海ごとに分かれていて、フィリピンコーラルリーフギャラリーでは、フィリピン周辺を中心にアジア近海のトロピカルな魚たちを見ることができます。

 

熱帯雨林を再現した植物園

熱帯雨林の中を歩くと、汗びっしょりになる

熱帯雨林の中を歩くと、汗びっしょりになる

建物の中心部に、地下から吹き抜け状に熱帯雨林の植物園がつくられています。その植物園の中にはゆるいスロープが設置されていて、それを登りながら、そこに生息する植物や鳥、蝶、虫などを観察します。スロープの入口は1階。上までは、4階建ての建物ぐらいの高さがあるので、ゆっくり見ながら上がると30分ぐらいかかります。

 

世界最大のモリソンプラネタリウム

ここには、世界最大のモリソンプラネタリウムがあります。開始時間は毎日10時30分。平日はその後1時間ごと、週末は45分おきにショーが行われています。事前予約はできませんが、夏休みなどのピーク時は当日整理券が配布されていて、早くもらわないとすぐになくなってしまいます。ですので、アカデミーに到着したら、まずはプラネタリウムの時間を調べ、整理券が必要ならゲットしておきましょう。

誰でも参加可能アカデミックプログラム

海の生き物についてのレクチャー中

海の生き物についてのレクチャー中

建物内の様々なところで誰でも無料で参加できるアカデミックプログラムが行われています。実際に触って体験できるものや専門家のトークショーなど、種類は様々。子供が楽しめるプログラムが多いので、家族連れの人はぜひ参加してみてください!

<DATA>
California Academy of Sciences(カリフォルニア科学アカデミー)
住所:55 Music Concourse Dr. San Francisco CA 94118
TEL:1-415-379-8000
料金:大人29.95ドル / 65歳以上&12~17歳、学生24.95ドル / 4~11歳19.95ドル / 3歳以下無料 (ホリディーなどは5ドルの追加料金あり。オンラインで事前購入の場合は追加料金なし)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。