Pontaが急伸してTポイントを追いかける

急伸するPontaの魅力とは?

急伸するPontaの魅力とは?

これまでカルチュアコンビニエンスクラブのTポイントが独走していた共通ポイントサービスですが、昨年3月にスタートした三菱商事系のPontaが急成長 して、会員数、提携会社数でTポイントを追撃できるところまできました。会員数ではTポイントが3671万人なのにたいしてPonta は3000万人、提携会社数でTポイントが69社なのにたいしてPontaは31社となっています。

Pontaが伸びている三つの理由

提携会社数ではまだ差がありますが、会員数でほぼ互角まできたPontaです。その成長の秘密は何かというと、Tポイントにない特徴を備えたからといえます。それをいくつかあげてみましょう。

1.家族中心。Tポイントは20代の半数以上が会員となっている若者中心のポイントですが、Pontaは子供から大人まで幅広い層(家族)を対象としたサービスです。

2.ポイント合算ができます。Tポイントは一人でためるのが原則で合算はできません。しかし、Pontaは親子、兄弟など家族での合算がで きるだけでなく、任意のグループを作ってその人たちの間での合算も可能です(ドイツの共通ポイントサービスでは家族でのポイント合算が行われているといい ます。それを参考にしたものです)。

3.景品との交換もできます。Tポイントはためたポイントを1P=1円で買い物に使えますが、Pontaは1P=1円で買い物ができるだけでなく、数多くのグッズがあってそれとの交換もできます。Pontaのキャラクターのタヌキのぬいぐるみなどをもらえます。

したがって、Tポイントは独身の若者向けのポイントサービスといえ、一方のPontaは家族向け、グループ向けのポイントサービスといえるでしょう。また、割引きよりは、小物やグッズにこまめに代えて得したいという人にPontaは向いています。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。