いくらかかる? いくら貯める? 教育費のピークに備えよう

わが子に教育という財産を残してあげたい、というのが親心。教育資金の準備は子どもが生まれたらすぐにスタートするのが鉄則です。子どもの教育費はどのくらいかかるのでしょうか? そして、いつまでにいくら貯めればよいのでしょうか? 将来、教育費がピークになる時期に備えて、早めに準備をスタートさせましょう。
 

幼稚園から大学まで約1000~2000万円かかる

子ども

幼稚園から大学まで全部国公立でも1000万円かかる

下の図表1は、学校教育費のほか、学習塾やスポーツ、稽古事をはじめ、広く教育にかかる費用をまとめたもので、大学なら受験料、大学納付金、交通費、食費、娯楽・嗜好費のほか、自宅外の場合は住居費も含まれます。年額で示しています。

トータルで見ると、幼稚園から大学までオール国公立(大学は自宅通学)でも約1027万円かかります。幼稚園と高校・大学が私立(大学は同上)なら約1282万円、小学校のみ公立で中高大と私立(大学は理系・下宿)だった場合は約2067万円。びっくりするような金額ですね。

でも、早とちりは禁物。教育費イコール貯蓄目標ではないのです。ある程度までは月々の家計でまかなえるはずなので、それで足りない分を貯蓄で備えることになります。
 

教育にかかるお金
教育にかかるお金
教育にかかるお金

※画像をクリックすると拡大します


>> 貯める目標額はどのくらい?