軽やかさの理由 

カンディハウス 新作ソファ

余計なパーツがないのですっきり見えるソファ。脚の部分が抜けているので軽快さを感じる

高級感のあるソファというと、どっしりとした重みを感じるデザインが多いのですが、このソファは、すっきりと見えます。その理由はシンプルな構造と視覚的な抜け感。

カンディハウス 新作ソファ

上:すっきりとしたソファのバックライン 下:一見金属の脚かと思いきや、これも木材。

木のフレームで背と座を支える構造になっていて、余計なものは加えず構造材そのものを見せるデザインにしています。

ソファの脚は、しっかりとした座のラインに比べて細め。暗めの塗装色から金属のように見えますが、実は細い桜の角材です。線で支えているので、ボリューム感が抑えられ軽い感じになり、ソファの座部分がまるで宙に浮いているようです。

存在感はあるのにすっきりと見え、あまり広いとは言えない日本の住宅サイズにも収まりはよいでしょう。

 
次ページでは木部分の使い方に注目してみます。
グレード感の理由 >>