家族の最小単位は「夫婦」です。夫婦が仲良くなれる家こそが長く暮らせる家だといっても過言ではないでしょう。でも、巷で聞こえてくる「夫婦仲」に続く言葉といえば、「熟年離婚」に代表されるように、「悪い」が多数派になりつつあるように感じます。

07203377.jpg
「夫婦関係」ガイドの三松さん。1ヶ月間で200件の相談に対応するのだとは驚きです
そこで今回は、オールアバウトの「夫婦関係」ガイド・三松 真由美さんと、「夫婦が仲良くなれる家」についてお話ししました。三松さんは、全国規模の主婦ネットワークを築き上げたのち、「恋人・夫婦仲相談所」を運営。常に主婦の悩みや不満をキャッチして社会に発信し続けています。

はたして、いつまでも夫婦仲よく暮らせる家とは、どんな家なのでしょうか?

夫婦仲と寝室事情は正比例する!?

072001.jpg
三松さん曰く「寝室」がキーポイント
ガイド:まず、三松さんが運営されている「夫婦仲と性の相談所」のことを教えていただけますか?

三松:夫婦問題に悩んでいる人がくる相談所で、主にテーマは寝室問題なんです。セックスレスとか不妊、夫の浮気など、寝室問題に特化した悩み相談を受け付けています。こういってはなんなんですけど、アダルトとかエロではなくて、本当に夫婦関係に悩んでいる人がくる相談所なんです。

ガイド:具体的には、どんな方法で相談に対応しているのですか?

三松:主にメールと対面相談ですね。だいたい月に200件くらい受け付けています。あまりにも多いので、メール相談はボランティアの方と一緒にやっています。

ガイド:月200件ですか!すごいですね。主な年齢層はどのあたりですか?

三松:パソコンでも携帯でも相談できるので、20代の若い主婦から30代40代など幅広い層から相談を受けています。

ガイド:相談者には、具体的にはどんなお話をされるのでしょう?

三松:私の持論は「夫婦仲と寝室事情は正比例する」というものなんですが、まずはそこから改善しましょうとお話します。もちろん日常のコミュニケーションをとることからはじめましょうとアドバイスするんですけれど。

ガイド:夫婦が仲良くなれる家のポイントは寝室ですか!?……。

三松:そうです! 寝室が大事なんです。

寝室を別にする場合は掟をつくろう!

ガイド:寝室といえば「夫婦の寝室を分けたほうがいいのか」が良く話題になりますが、建築家の間でもそれぞれ持論があって、意見が分かれているようです。三松さんはどうお考えですか?

三松:必ずしも同室にこだわっているわけではないんですね。夫婦それぞれの事情がありますから。例えば、エアコンの温度でも、夫婦の間で適温がことなっていたり、どちらかのいびきや歯ぎしりで眠れないとか・・・眠れない要因を取り除くという意味では、別室がいいかなと思います。若い夫婦でも、夫の帰宅がすごく遅いと、妻はストレスを感じるたりするんです。朝早く起きて、子どものお弁当をつくらなければいけないこともありますから。そうなるとやっぱり分けたほうがいい。

ガイド:ケースバイケースですね。

三松:大切なのは「一緒に寝る」時間をつくるということで、別室か同室かではないんですね。別室になることで、夫婦仲が悪くなってはいけないので、寝室を別にする場合は「掟をつくろう」とアピールしています。

ガイド:「掟」ですか?

三松:そう「掟」です。例えば、いつもは別室で寝ていても、月に1度は一緒に寝ましょう、とか。必ず一緒に寝るという日を決めているのがいいんですね。夫婦間で、そういうルールをつくるんです。それから、別室で寝る場合も、理由をいうことがポイントですね。明日早いからとか、エアコンが寒いから夏の間だけとか。

ガイド:夫婦でルールがつくれるほどたくさんのコミュニケーションを持つことが大事ということですね。

三松:お互いに意見を言い合って、ライフスタイルにあった別室・同室が選べれば、良いと思うんです。別室でも、コミュニケーションさえあればいいんですよ。

ガイド:そこで無言で勝手に自分の部屋に入ってしまうと、それはちょっと冷たい雰囲気になるんですね。

三松:そうですね。冷えきった夫婦が寝室を別にすると、その後ずっとそのままで、関係を回復できないケースが多いです。

ガイド:決まりをつくるということも、割とハードルがありますものね。

三松:あります! コミュニケーションができていないと、そういうことは言えないですから。最初から「別室でお願いします」みたいな感じになってしまいますね。

……いきなり寝室の話になってしまいましたが、月に200件もの夫婦問題の相談を受けている三松さんのお話は、とてもユニークながら的を射ているようです。

さていよいよ核心の「いつまでも夫婦仲よく暮らせる家」については、こちらの記事で!