男性が憧れる腕時計「OMEGA」ブランドの誕生

オメガ

社名の由来になった新型ムーブメント「Ω」(1909年製)

日本で古くから知られるスイス時計の代表ブランド、オメガの創業は1848年に遡る。スイス時産産業の中心地として名高いジュラ山脈のラ・ショー・ド・フォンに時計師ルイ・ブランが創設した工房が始まりだ。

1880年には、現在本社が置かれるビエンヌの街に工場を設立して本格時計メーカーへと転換を図り、1889年には年間10万個を生産するスイス最大手へと成長した。

1894年には伝説の高性能ムーブメントが発表される。この新型ムーブメントは、「究極」という意味を込め、ギリシア語のアルファベットの最後に登場する「Ω(Omega)」と名付けられた。「オメガ」ブランドの誕生である。

1903年、それまで使われていたルイ・ブラン兄弟会社に変わり、「オメガ」が正式に社名になった。

「シーマスター」をはじめ数々の人気モデルが生まれる

20世紀前半のオメガは、天文台の精度コンクールで数々の新記録を樹立したり、また1932年のオリンピック・ロサンゼルス大会以来公式計時を務めるなどして、「精密時計のオメガ」という名声を確立した。

1940年代終わりから1950年代の半ばにかけては、現代のコレクションに受け継がれる傑作腕時計が続々と開発される。

画期的な防水設計の「シーマスター」、天文台コンクールでの優秀な成績を象徴する「コンステレーション」、回転ベゼルを備えたプロフェッショナル・ダイバーズウォッチ「シーマスター300」、そしてクロノグラフの古典的モデル「スピードマスター」などである。

オメガの象徴といえるクロノグラフ「スピードマスター」

オメガ

現在も当時の手巻きクロノグラフ・ムーブメントとデザインを採用して生産が続けられている「スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ」

オメガの数ある傑作の中で永遠に語り継がれる伝説を残したのが、「ムーンウォッチ」の愛称で知られる「スピードマスター・プロフェッショナル」である。

1969年7月21日午前2時56分GMT、人類が初めて月に降り立ったこの時に、アポロ11号の宇宙飛行士が着けていたのがこの腕時計だった。

オメガ

スピードマスターを着けて月面に降り立ったアポロ11号宇宙飛行士

「スピードマスター」の初代モデルは、1957年に作られた。ムーブメントは精度と信頼性に定評のある手巻きのキャリバー1861を搭載し、60秒・30分・12時間の3カウンターを備える標準的なクロノグラフである。この腕時計がアポロ計画を推進していたNASA(アメリカ航空宇宙局)の装備担当官の目に留まった。

さまざまなメーカーのクロノグラフを揃え、過酷な宇宙環境をシミュレーションした11項目に及ぶ厳格なテストを行った結果、唯一パスしたのが「スピードマスター」だった。しかもそれは、テストに備えて特別に仕様を変更したものではなく、店頭で売られている市販品だった。日常的な用途の市販品であっても宇宙で通用する高性能時計を製造していたことが、オメガの並外れて優秀な時計技術をみごとに証明したのである。

オメガのスピードマスターがプロフェッショナルな理由

オメガ

NASAによる過酷な宇宙環境テストを受けた「スピードマスター」とテスト結果の証明書

こうして1965年にNASAに公式採用されて以来、人類初の月面着陸をはじめ、数々の有人宇宙ミッションで活躍した「スピードマスター」は、プロの使用に耐える精密時計という意味でやがて製品名に「プロフェッショナル」が加えられ、現在も当時の手巻きクロノグラフ・ムーブメントとデザインを採用して生産が続けられている。

宇宙飛行士たちが実際に使い、今なおNASAの公式装備品になっている腕時計と同じものが誰でも入手できるのだ。そんな腕時計は「スピードマスター・プロフェッショナル」をおいて他にないだろう。

【公式サイトでスピードマスターをチェック】
オメガ

【高級時計ブランドのヒストリー一覧】
ロレックスの歴史
タグ・ホイヤーの歴史
ブライトリングの歴史
ゼニスの歴史
フランク・ミューラーの歴史
ジラール・ベルゴの歴史
ロンジンの歴史
オーデマ ピゲの歴史
ショパールの歴史
パテック フィリップの歴史



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。