キーボードのホコリや手垢を取り除こう

パソコンのキーボードは、最近ではキーとキーの間に枠があるアイソレーションタイプのキーボードが増えましたが、それでも隙間があります。ここにホコリなどのゴミが溜まってしまいます。

また、ノートパソコンではパームレストと呼ばれる手のひらや手首を載せるための場所があり、ここに手垢がついてしまいます。これはキーボードの各キーやマウスにも同じことがいえます。そこでは早速綺麗にしていきましょう。
ノートパソコンのキーボード

ノートパソコンではパームレストも含めキーボードに汚れがつきやすい


まずはキーボードの隙間に入ったホコリを取り除きましょう。デジタル一眼カメラなどを使っていると、ホコリを吹き飛ばすブロアーを使うと思いますがこれを使うとホコリが綺麗に吹き飛ばせます。100円ショップなどで販売されているもので十分です。
ブロアー

このようなブロアー(もしくはエアブラシ)でホコリを吹き飛ばす。


私の持っているものはエアブラシと言って先についている毛でホコリを掻き出せるので、掻き出してキーボードをひっくり返し、ブロアーで空気を吹き付けます。ちなみにこの記事を書いているパソコンを久しぶりに掃除したら、これだけのホコリが出てきました。
出てきたホコリ

ホコリがこんなに……


ホコリを取り除いた後で手垢などを拭き取っていきます。先ほど画面を拭いたウェットティッシュを使って拭いていきます。ウェットティッシュに除菌効果があれば、手垢だけでなく、ばい菌もある程度取り除くことができるでしょう。

 

マウスのホコリや手垢を取り除こう

キーボードと同様、非常に汚れているのがマウスです。最近のマウスは昔のようなボールが無くなり光学センサーになったため動作不良は起きにくくなりました。

それでも手で握って動かし続けるため表面が手垢で汚れるのはふせぎようがありません。また、接地面も触れる場所にあるホコリによって想像以上に汚れていたりします。
 
意外と見落としがちなのが接地面。結構汚れていますよ

意外と見落としがちなのが接地面。結構汚れていますよ


マウスの掃除は、まず細かな部分に入り込んだ汚れを書き出すことから始めます。爪楊枝など先の尖ったもので、継ぎ目やクリックボタンなどに入り込んだゴミを掻き出します。その後ウェットティッシュなどで全体を拭いてあげれば終わりです。

このように掃除は簡単なのですが、使い方によってはキーボード以上に汚れるものなのでこまめな掃除を心がけましょう。

次のページでは、パソコン本体の汚れを取ります。