2位 子どもが習い事を楽しんでいるのが嬉しい

妊婦さんと子ども

楽しんでできる習い事がおすすめ

アンケートの結果から、子どもが楽しそうに習い事をしている姿を見て、習い事をさせてよかったと感じる人が多いということもわかりました。

娘が楽しそうな顔ををして、 習い事の話をするとき。(ギター)

みんなで合わせて走り回ったり、楽器の音を聴いたりするのは楽しいらしく、帰宅後も何か似たような動作をしていたりするので、いい刺激になっているのではないかと思う。(リトミック)

好きと思えるものができ、また得意だと思えることができ、学校の勉強もとても積極的になった。(スイミング)

音楽が大好きで、いつも楽しんでいる。(リトミック)

楽しそうに続けていること。泳げることが嬉しそう。(スイミング)

本人がのびのびと楽しく音楽やダンスをしてる姿を見るとよかったと思います。(音楽、ダンス)

家からスキー場が近くで、本人がやりたいと言ったので。 本人が楽しんでいること。 (スキー)
 

3位 習い事を通じて体力がついて良かった

「習い事を通じて体力がついたのが良かった」と答えた人に共通する習い事は、スイミングを中心とするスポーツ。スイミングを習っているお子さんは、喘息が良くなったというコメントや、夜よく眠るようになった、風邪を引きにくくなったというコメントが多く見られました。

喘息気味だったのが良くなった。体力がついた。泳ぎに自信が持てるようになり、楽しく通っている。(スイミング)

運動はそんなに得意ではなかったが、走るのも少しだけ早くなったし、体力がついた。集団行動ができるようになった。(サッカー)

風邪をひきにくくなり、健康になったこと。(スイミング)

スイミングはスキンシップも兼ねて体もつよくなるし疲れて良く寝てくれるのでいい。(スイミング)
 
チャレンジする精神を育むことができ、健康にも良いと思った。(スイミング)



子どもの才能を見つけて伸ばすこと以外にも、人との関わりや、精神的な成長など、さまざま「よかった」を得られる習い事。この春から、何か始めてみませんか?


>> チビタス「習い事人気ランキング」特集に戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。