毎年、気合いを入れて作る年賀状。でも、ふと冷静に見てみると、わが子の顔がいちばんかわいく写っている写真を選んで、それでおしまいになっていませんか?

2008年、チビタスが提案するのは、「脱・にこパチ」写真。記念撮影やブロマイドのような写真を使用せず、あえて目線を外した写真や、子供の手作りアートを年賀状のモチーフにします。
Photo:Kunio Kaneda Text : Toshimasa Ota

今年は気取ってナチュラルフォトで年賀状

みんなからいただいた年賀状をよく見てみると、どれも同じような写真ばかりじゃないですか?ひと味違うインパクトが欲しいなら、子供らしさ、躍動感、かわいらしさが全体に感じられる写真を選んでみてはどうでしょう?

写真を選んで簡単レイアウト!フォトアレンジで年賀状 >>

あえて写真を使わない!チビのアートな年賀状

手形を原寸大で載せれば、わが子の成長をよりリアルに感じてもらえます。らくがきでスタンプを使れば「こんな絵が描けるようになったのか!」と写真では分からない内面の成長に、みんなが目を細めてくれるはず!

手形をぺったん!らくがきも芸術だ!手作りアートで年賀状 >>