FXは24時間、取引ができる

各国の通貨は、世界にある「外国為替市場」で取引されています。

「市場」というと、株式のように取引所があるようなイメージですが、実際に取引所があるわけではなく、各都市にある銀行間で行われる1対1の通貨取引を比喩的に「市場」と呼んでいます。これを「インターバンク市場」と呼びます。
インターバンク市場は全体を管理する機構がないため、比較的自由な市場です。取引時間の定めも特になく、相手の銀行さえいればいつもで取引が可能です。ただ、世界の各市場とも土・日曜日と祝日(国によって違う)は参加者がいないので、休場状態になります。

インターバンク市場は、"24時間眠らない市場"といわれ、土・日曜日と祝日を除く24時間、絶えず世界のどこかで取引が行われています。日本時間の月曜日の朝6時(サマータイムでは5時)にウェリントン市場で取引がスタートし、日本時間の土曜日の朝7時(サマータイムは6時)にニューヨーク市場が閉場するまで、外国為替市場は途切れることなく、開き続けているのです。

undefined

 

株式投資では、株式市場が開いている午後3時までしか取引できませんが、外国為替市場は常にリアルタイムで動き続けていて、24時間、リアルタイムレートでの取引が可能。それだけ、利益を狙えるチャンスが多いということです。

ちなみに、取引量が最も多いのはロンドン市場で、次いでニューヨーク市場、さらに東京市場が続きます。これらは世界の三大市場といわれています。これらの市場の開場まもない時間などは、取引が活発になり、相場が動きやすい時間帯です。この時間を狙って取引している個人投資家は実際、多くいます。
このように、時間帯による相場の差異や特徴などを知っておくと、よいでしょう。

undefined

 

FXはネットや電話で取引できる

個人投資家がFX取引を行う場合は、インターバンク市場に参加するのではなく、FX取引専門会社やFX取引のできる証券会社などを取引相手としてFXを行うことになります。

ちなみに、FX取引会社の為替レートは、インターバンク市場の為替レートを元に提供されています。といっても、そのレートをそのまま顧客に提供しているのではなく、FX取引会社の利益などが若干上乗せされたレートとなっています。そのレートは会社によって様々です。
インターバンク市場の為替レートが変動する度に、FX取引会社の為替レートもリアルタイムで変動されています。

FXをする場合、FX取引会社に口座を開いて必要な資金を入金すれば、取引がスタートできます。

FX取引は通常、パソコンか携帯(モバイル)での取引がスタンダードです。もちろん、取引も口座管理もパソコン・携帯の両方でできます。パソコンをメインにするのか携帯(モバイル)にするかは、自分の投資スタンスや可能な取引時間帯などによって選ぶとよいでしょう。

会社によっては、電話で取引できるところがあります。とはいえ、24時間体制の会社、対応時間が限られる会社、緊急時のみ(サーバーダウンなど一時的なシステム障害時)対応という会社など、電話取引の内容は様々です。電話取引もできると安心、という場合は、24時間体制の会社を選ぶとよいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。