元気なときには気がつかなくても、ケガをしたり、年を取ってきたりすると、ふと家の中の段差や何気ない空間に不自由を感じるときがあるものです。特に最近では、高齢者の家庭内事故が多くなってきており、バリアフリーはリフォームにおいてもはや当たり前に取り入れられるようになっています。

そこで今回はバリアフリーリフォームで比較的多く採用されるケースについて、そのポイントと概算費用についてご紹介します。

手すりはDIYなら材料代だけ!でも下地等の確認が必須

手すり

手すりは簡単な工事で設置できますが、下地の確認なしでは思わぬ事故につながります。

バリアフリーの基本中の基本といえば「手すりの設置」です。最近ではホームセンターなどでも手すりが気軽に購入できるようになってきており、自分でリフォーム(DIY)するケースも増えてきています。

しかし、体重をかけて使用する手すりだけに、適切な箇所に、しっかりとした固定ができているかがとても重要です。十分な検討をせずに安易に設置すると、強い力が加わったときなどに手すりが外れてしまったり、手すりの末端部分の出っ張りに衣類の袖口を引っ掛けて体勢を崩したりという事故につながる可能性があります。

長さ1m前後の手すりの場合、材料費は数千円~2万円程度ですが、下地補強工事が必要な場合でも、ほとんど1万円~3万円程度で設置してもらえると思いますので、手すりの取り付け箇所や形状に少しでも不安を感じたら、遠慮なく業者に見積りを依頼するようにしてください。

【手すり取り付けのためのリフォーム概算費用】 1箇所8,000円~25,000円前後
※長さ1m前後の手すりを想定。取付工事費含む。

玄関にスロープをつけるなら12万~20万円

スロープ

スロープの勾配(傾斜)と長さに無理があると、車いすを操作する人が苦労します。

車いすでの出入りを考慮するなら、やはりスロープが便利です。介助する人にとっても移動しやすく、また車いすを利用する人にとっても安心感があります。

安全にスロープを利用するためには、急勾配を避け、道路などに直接スロープが接しないようにすること、脱輪防止の立ち上がりを設けるといった配慮が必要です。工事業者と打ち合わせをする時は、スロープの配置・形状についても十分検討するようにしましょう。

長さ5m前後、幅1m程度のスロープの場合、玄関周辺タイルなどの解体工事がなければ7万~10万円程度、玄関周辺の一部改修を含む場合でも10万~15万円程度です。安心して使えるスロープならば、車いすでの外出がしやすくなりますから、じっくりと計画を練っておきたいものです。

【スロープ設置のリフォーム概算費用】 7万~15万円
※長さ5m前後、幅1m程度の場合を想定

次のページでは、室内建具と浴室をバリアフリーにする場合によく用いられるリフォームについてご紹介します。