本屋さんの内観
旅をイメージさせる本や雑貨が詰まっている


旅をしたくなるきっかけって何だろう。 何気なく目にした写真、映画の中のワンシーン、人から聞いた楽しい思い出・・・ どうも断片的なものが多いみたい。 でもそのカケラは強烈なインパクトで記憶の中にとどまっていて、 あれこれと更なる想像を膨らませ、心をざわざわとさせる。 そして無性に募る想いは臨界点に達し、 これはもしや運命の出会いかも?と勝手に思い込んで盛り上がる。 出発前の能天気に高揚した気分はなんとも気持ちいいものである。

気がつくと旅に出ている、ということもある。 急な発作のように、あまりに唐突で衝動的に「旅したい病」が発病する。 思いつきでふらら~っとなりゆきのままに出かけていく。 無防備で行き当たりばったりだから、遠回りだし、 思いがけないハプニングが待ち構えていて、リスクの多い旅。 でも本当の面白びっくりはこういうところに隠れていたりする。 いずれにしても旅はとっても身近なところにあって、行きたいと思えば行けるのだから(時間や金銭的な 理由は抜きにして)、結局自分達は幸せな時代と場所に暮らしているなあ、と思う。

建物外観 お店のマーク
個性的でインパクトのある建物。左側が本屋で 右はカフェスペース。

ユトレヒトの江口さんから、新しいお店を手伝っているという 話を聞いた。旅をテーマにした本屋さん。 しかもPAPER SKYが プロデュースしているという。普通の本屋さんとはちょっと違うかも・・・と期待が膨らんだ。 つい最近、ここにならきっとある、といつも頼りにしていた大手書店の悲しい知らせを聞いて、 よろよろした気分だったので、期待はなおさらだった。 青山一丁目の駅からもすぐ。個性的な建物の一角に本屋はあった。 入り口の外にはダンボールが積み重ねられ、中に雑誌が無造作に積み上げられている。 外国のニューススタンドのような雰囲気。既に旅先にいるような錯覚に陥る。 旅の気分を盛り上げてくれる気配がむんむんの入り口だった。

看板 雑誌がいろいろ
カラフルでかわいい外国製ダンボールに雑誌が積まれている。

普通、町の本屋で「旅」というコーナーへ行くと、ガイドブックがずらっと並んでいる。 その国への行き方、気候、通貨、言語、そして観光名所を説明したハウ・ツー本である。 それはそれでもちろん必要なんだけど、ここにはいわゆるガイド本はあまり見当たらない。 天井まで届く壁一面の本棚には、旅をキーワードに様々な角度から集まった本がぎっちり詰まっている。 それは、メトロの案内図だったり、不思議でかっこいい建築だったり、 未知の料理の味だったり。旅へのイマジネーションをふくらませる本、 旅先で読みたい本、帰ってきてからじっくり余韻を味わいたい本など、 写真集やらエッセイやら絵本やら、古本あり、洋書あり、のなんでもアリアリ。 大きさも材質も古ぼけ方もいろいろで、そのデコボコ感覚のテクスチャーを眺めているだけでも面白い。

本いろいろ 本いろいろ
左はロシア本コーナー。右の黄色い本は、 美術館を眺める人々を撮影した、
エリオット・アーヴィットの写真集。 スタッフお気に入りの一冊。

PAPER SKYを立体化した、というコンセプトのこの書店は、 入った瞬間から、もう旅が始まっているかのような、ワクワク感が立ちこめる。 どこでもドアが無数にある感じ?! それは雑貨のセレクトにも表れていて、 天井には今は無きTWA航空の大きな模型がぶら下がり、棚のあちこちにはホテルのマッチやボールペン、 航空会社のアメニティなど、どこかで見たようなスーヴニールが散りばめられている。 サウジアラビア航空の機内用カトラリーなど、ちょっと珍しいものもあって興味をそそる。 店内はそれほど広くはないのだけど、細かいアイテムがいちいち気になって、 掘り出せば掘り出すほど、次々に見つかるへんてこおちゃめなグッズについ心を奪われ、 いつの間にかどっぷりと長居してしまう。

ルフトハンザのバッグ サウジアラビア航空のポット
レジ横のちまちまコーナー
左はルフトハンザのバッグ。右はサウジアラビア航空のティーセット。
レジ横のちまちましたコーナーにも目が離せない。

私がウロウロしている間にも、スタッフが大きなダンボールを運び、 到着したばかりの荷物を解いている。 7月初旬にNYで買い付けしたものが、続々と入荷してきたとのこと。 ふらっと訪れるお客さんにも気軽に声をかけ、新しい本の話などで会話が弾んでいる。 古本屋とか専門書を売るお店って、ちょっと気難しい感じのおじさんがいて、 何を聞いてもむすっとしてるっていう印象があるけれど、ここはそんな心配はいらず、まったく気さくな雰囲気。 スタッフにも控えめながら親しげな、本好きオーラがにじみ出ている。

地図 海に関する本
トランクに外国の地図。今のシーズンは海関連の本もずらり。

この本屋を出る頃には、すっかり長旅をしたような気分で、 心地よい疲れと、不思議な充実感を味わえた。 となりにはアメリカのハイウェイ沿いにあるモーテルをイメージしたという、 開放的なカフェもあって、お腹の中まで旅気分を満たしてくれる。


BOOK246
東京都港区南青山1-2-6 Lattice 青山
tel 03-5771-6899
11:00~23:00 無休
http://www.book246.com/


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。