オール電化
大人気のオール電化!(画像提供:TEPCO 東京電力)
テレビCMでも取り上げられているオール電化住宅。火を使わない安全性をはじめ、CO2(二酸化炭素)を出さない環境にやさしいクリーンなイメージ、そして割安な深夜電力を上手に利用し、光熱費を抑えられるという特長もあり、とても人気が高まっています。

しかし、意外とオール電化住宅にするためのリフォーム費用については、なかなか触れる機会がないようです。今回は、「IHクッキングヒーター」「エコキュート」「床暖房」「太陽光発電システム」といった設備ごとに、概算工事費と工事のポイントをご紹介します。オール電化住宅にするにはいくら位かかるのか、早速みてみましょう!

IHクッキングヒーターは20~45万で導入可能!

IHクッキングヒーター
デザインもおしゃれで掃除がしやすいIHクッキングヒーター(画像提供:HITACHI)
オール電化を検討される主婦の方にとって、一番関心が高いのはやはり「IHクッキングヒーター」です。お手入れのしやすさや、火力調節の簡単さなど、お料理が苦手な方でもどんどんお料理したくなるような機能が豊富です。

では早速「IHクッキングヒーター」をリフォームで導入するためにかかる費用について見てみましょう。

【IHクッキングヒーター導入の概算費用】
IHクッキングヒーター本体価格 15~35万円(ビルトインタイプの場合)
+ 工事費5~10万円
――――――――――――
概算工事費合計 20~45万円
※取付工事費には専用回路配線工事、ガス台撤去処分、ガス閉栓工事、諸経費を含む。
※最近の住宅やマンションでは宅内まで200Vがすでに引き込まれているため、上記費用でIHクッキングヒーター導入工事は完了しますが、宅内まで200Vが引き込まれていない場合は、別途電気工事が必要です。この場合は電力会社や電気工事業者に調査を依頼し、別途見積りをもらうようにしましょう。


IHクッキングヒーター本体の商品ラインナップは豊富にありますが、火力と使い勝手、IH未対応の鍋でも使える、といった機能面でそれぞれ特徴があります。あらかじめメーカーのホームページなどで機能・仕様を確認して、我が家にあったIHクッキングヒーターを選ぶようにしましょう。

エコキュートは、驚きの省エネ・節約効果が!

エコキュート
省エネ性能に優れたエコキュート。用途や機能に応じて様々なタイプがあります。(画像提供:コロナ)
電気の力で直接水を沸かすのではなく、大気の熱を圧縮してその熱で水を沸かすため、消費した電力の約3倍もの熱エネルギーが得られる「エコキュート」。省エネ性に優れており、さらにその日使うお湯の大半を、あらかじめ電気代の安い深夜に作っておくことができるので、一般的な給湯器に比べてランニングコストが約15~25%程度になるという、とても経済的な設備の一つです。

【関連記事】
最近よく聞く?!「エコキュート」ってなに?(住まいの設備)

しかし、ガス給湯器に比べて、本体価格が高めであることや、お湯を貯めておく貯湯ユニットの設置スペースの問題などがあります。また井戸水を利用している場合、エコキュートの利用はお勧めできません。井戸水中に含まれるミネラル分(カルシウムなど)が機械内部の目詰まりなどを起こしやすくし、故障多発の原因となり、耐用年数が極端に短くなります。よって本体が高額なエコキュートではコスト面で大変負担になるのです。これらの点を留意しながら導入の検討をしましょう。

【エコキュート導入の概算費用】
エコキュート本体 40~70万円
+ 工事費 15~20万円
――――――――――――
概算工事費合計 55~90万円
※工事費にはエコキュート設置工事費、電気工事費、発生廃材処分費が含まれます。
※エコキュートの導入にあわせ、給湯管を引きなおす場合は別途費用が発生します。あらかじめ工事業者に調査を依頼し、見積りをもらうようにしましょう。


またエコキュートの導入とあわせ、夜間の電気代を抑える電気料金メニューがありますから(たとえば東京電力なら「電化上手」)、こちらの手続きもお忘れなく。

>> 次のページでは、あこがれの床暖房リフォームと太陽光発電システムをご紹介します。