意外とできる!壁付きキッチンを対面式に改造!

対面キッチン

壁付きキッチンの対面型改造は決して無理ではありません。対面部を収納にしたり、カウンターテーブルにしたりとリフォームバリエーションも豊富です。

壁付きのタイプから対面式に変更する場合、一般的には新しい専用のシステムキッチンを購入する必要があるように思われますが、現在のキッチン本体が痛んでいないのであれば、そのまま活用することも十分可能です。

ただしキッチンの壁側(すなわちキッチン本体裏側)は下地がむき出しのままなので、そのまま対面式に設置するのではなく、新たに壁を作ってもらい、さらにおしゃれに仕上げるのであれば、カウンターを設置したり、その壁を埋め込み収納のように作ってもらう方法があります。

壁付きキッチンの取り外しおよび対面式へ移設工事は、床・壁の補修工事および給排水、電気、ガスなどの工事も必要になりますが、概算で20万~40万円程度です。これら工事とあわせて、キッチンをクリーニング(5万~8万円程度)してもらえば、かなり見た目にも美しい、高級感のあるキッチンが作れるはずです。

キッチン本体ではなく、システム収納にお金をかける!

収納

スマートで機能性にも優れ、収納力にも長けたシステム収納ユニット。これだってキッチンの立派な一部と言えます。(画像提供:株式会社INAX

システムキッチンは何と言っても「収納力」が抜群です。おしゃれで、なおかつ収納も使いやすい周辺ユニットは、システムキッチンとセットでないと購入できないと思われている方もいますが、これも別々に入手することができます。

もちろんシステムキッチン本体と周辺収納ユニットを、統一感のあるものにしたいのであればこの方法はあまりおすすめしませんが、シンプルな色の周辺収納ユニットであれば、既存のキッチンと見比べてもさほど違和感はないと思います。

周辺収納ユニットを単体で購入する場合、キッチン本体とセットで購入する場合に比べ、5~10%程度割高になりますが、セット全体を購入するよりもはるかに安く済むはずです。リフォーム総額(材料費・工事費)は高さ2350mm、幅1200mmのタイプで25万~40万円位、幅1800mm前後のタイプで30万~60万円位です。

お気に入りのキッチンは今の我が家にある!?

キッチンは住む人、使う人の数だけ、バリエーションがあると言っても過言ではなく、好みも使い勝手も全く違うものです。「さんざんショールームを見て回ったけど、いまいち気に入ったキッチンが見つからなかった」という方は、ぜひ一度、現在のキッチンを復活させるリフォームも検討されてみたらよいのではないでしょうか。リフォームしたけど、実は使い慣れた我が家のキッチンが一番良かった……、などということがないように、しっかりとプランを立てるようにしましょう。



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。