毎日忙しく家事に追われている女性にとって、実は意外にもゆったりとくつろげる場所がないという話を聞くことがあります。「女性にもちょっとした書斎があってもいいはず!」という意見を参考に、今回はお部屋を大改造するのではなく、少しの工夫でより暮らしを豊かにしてくれるリフォームについてご紹介します。

【INDEX】
・リビングの片隅に小さなワークスペース(1ページ)
・2F廊下を活用してミニ書斎(1ページ)
キッチンに間仕切り収納+ライティングデスク(2ページ)

リビングの片隅に小さなワークスペース

リビングのカウンターデスク
わずか畳1~2枚程度のスペースですが、ワークデスクがあると家事は結構はかどるものです。(画像提供:パナソニック電工株式会社)
リフォームはお部屋を大改造するというイメージがあるかと思いますが、実はちょっとした間仕切りを作ったり、テーブルを作ったりということも、立派なリフォームメニューの一つ。

リビングの片隅にカウンターを取り付け、スポット照明を設置すれば、小さいながらもそこは家計簿をつけたり、アイロンがけをするにも便利なワークスペースになります。小学校低学年のお子さんがおられるご家庭では、子どもを孤立させない学習スペースとして活用することもでき、家族にとっても利便性が高いリフォームになります。

こういったリフォームは間取りの変更が必要ないため、カウンター材を取り付けてもらうだけのシンプルな工事です。間口1,500mm前後のカウンター材は数万円前後から用意されており、設置工事費を含めると8万~13万円前後です(イスやディスプレイカウンターは含まず)。

2F廊下を活用してミニ書斎

書斎リフォーム
階段上のスペースを活用すれば書斎だって十分作れるのです。(画像提供:パナソニック電工株式会社)
2F建て住宅の場合、階段を上がったところのスペースが、結構無駄に使われていることが多く、ここを活用して書斎を作ってしまうリフォームもあります。

サイズや形を指定できるカスタムメイド、オーダーメイドタイプのカウンター材は、一般的なカウンター材よりもややお値段が高くなりますが、空間を無駄にすることなく、また自分のイメージにより近い書斎を作ることができるのが最大のメリットです。

パソコンや電気スタンドを使用するための電源工事も含めると、リフォーム費用の概算金額は、間口2,000~2,500mmの場合で15万~30万円前後です(イスや電気スタンド、パソコン等は含まず)。

これらのデスクに加えて、本やCD、DVDなどの収納棚を一緒に造作してもらえば、さらに使いやすい書斎になること間違いなしです。幅800×高さ1,500mm程度の収納棚ならば、大工さんが1日で作れる範囲。大きさや強度にもよりますが、5万円前後からの追加予算で対応してもらえると思いますので、まずは遠慮なく業者に相談してみると良いでしょう。

次のページでは、キッチンに間仕切りを入れて、ライティングデスクを作るリフォームについてご紹介します。