12万~40万円で玄関をスッキリ便利に

玄関
玄関がスッキリするとついついお友達をついつい呼びたくなってしまうかもしれませんね。(画像提供:大建工業株式会社)
革靴やブーツ、長靴、スポーツシューズという具合に、1人1足ではもはやありませんから、家族の多いご家庭では靴が散乱しやすくなります。出かける時間帯には玄関が渋滞することもしばしばなのではないでしょうか。

最近の玄関用の収納ユニットでは、収納はもちろん充実していますが、ブーツの履き脱ぎ時に便利なベンチユニットを付属させることができたり、ご高齢の方でも安心な手すり付きのシステムも用意されています。

玄関が手狭な住まい向け(間口700~800mm)であれば12万~20万円位で、間口1,200~1,600mm程度であれば25万~40万円位でリフォーム可能です。限られた空間を有効に利用するためにも、玄関の天井近くに設置する「天袋収納」や、床面近くに設置する「地袋収納(下部収納)」を出入りの邪魔にならない範囲でプランニングすればよいでしょう。

15万~45万円でもったいない壁面スペースを収納に

壁面収納
使い切れていない空間の壁面を有効に活用できる収納ユニット。シェルフの数量によっても費用が変わります。(画像提供:トステム株式会社)
必ずしもその部屋になくてはならないモノは限られています。そのようなモノは部屋の片隅や廊下の突き当たりといった意外と無駄になっている空間に収納してみるのも一案です。

天井から床までスペースを広く使うことができるので、収納力もありますし、ディスプレイ収納としてもオシャレな空間を演出できるはずです。自分の趣味のCDやDVD、本や小物といったライブラリースペースとしても使えるので、モノが増えすぎてしまった方にも嬉しいリフォームになるのではないでしょうか。

間口1,800mm~3,600mm程度のシステム収納ユニットを取り付けるだけならリフォーム費用は15万~45万円くらいです。壁埋め込み収納にする場合は、さらに10万~15万円程度の工事費用が加算されますが、狭い空間を有効に利用することができますので、リフォーム業者に相談してみると良いでしょう。

次のページでは、大型テレビを楽しむリビング収納についてリフォーム概算費用とポイントをご紹介します。