入れ歯を使うようになると、入れ歯が合わずに歯茎が痛くなる、いわゆる「あたり」が起こることがあります。歯茎に問題が起こった状態を画像を中心に紹介します。


入れ歯が原因で起きる「義歯性口内炎」

入れ歯で出来た傷も口内炎と間違えやすい

入れ歯で出来た歯茎の傷

入れ歯などが合わない場合に起こる義歯性口内炎は、「あたり」と呼ばれることも。歯がない部分の歯茎や頬の粘膜付近に、切れたような傷ができたり、白く見える口内炎のようなものができものができ、触れると痛みます。

一般的に入れ歯を外せば2~3日で治りますが、入れ歯を調整しなけいと使うたびに痛みが起こるのが普通。傷口に口内炎用の薬を塗っても効果は一時的。調整せずに使う限り、傷の原因を取り除くことはできません。

入れ歯が「あたる」原因は、大きく分けて2つ。歯の噛み合わせから起こる力が、歯茎にうまく分散できずに偏ってしまう場合と、歯茎との密着面が合っていない場合です。入れ歯を作った時に調子が良くても、しばらくしてから噛み合わせの変化や歯茎の形が変わると「あたり」が出てくることもあります。


歯茎が原因となることは少ない

下の入れ歯の端が強くあたっていた。

下の入れ歯の端が強くあたっていた。

入れ歯があたると、歯茎に口内炎や潰瘍のようなものが見えるようになるため、歯茎が悪い病気になったのでは……と心配する人もいるようです。

しかしそれらは入れ歯を調整することによって改善することがほとんど。入れ歯を使っていて痛みが出れば、まずは病院で確認してもらうことをオススメします。入れ歯の調整は歯茎の形や噛み合わせなどが人によって異なるため、一度の調整ですっかり治ったり、数回調整を繰り返す必要があったりと、かなり個人差があります。


合わない入れ歯は調整すべきか、作り直すべきか

ほとんどの人は、合わなくて痛い入れ歯なら新しく作り直した方がより良いと考えるようです。確かに新しい入れ歯の方がぴったり密着しそうですが、実際はそうとも言い切れません。

入れ歯は究極のオーダーメード品。単に歯の型を取って作ったものでも、他の人には全く使うことができないほどで、歯型を取った後でも、自分にぴったりとはいえません。さらに自分に合う噛み合わせや、歯茎の形に合わせて微調整を繰り返して、本当の完成品を作っていくのです。この微調整が入れ歯合わせのとても重要なポイント。せっかく作り直した新しい入れ歯も、調整を十分に行なわないと古い入れ歯の方が良かったということも。少し合わない程度であれば使い慣れた入れ歯を調整した方が良いことも多いのです。

作り替えの期間は、残りの歯の本数に変化がなければ、一般的には数年に一度。国民健康保険では半年以内の作り替えは病院が異なっても認められないというルールもあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項