日本人は、何で亡くなっているのか?

日本人の死因
現代の日本人は、いったい何で亡くなっているのでしょうか?それを考えると毎日の生活で、気をつけるべきことが見えてきます。
のっけから、ちょっと妙な話で恐縮ですが、日本人はいったいどんな死因で最期を迎えているのかご存じでしょうか。平成15年に、厚生労働省がまとめた人口動態統計の概況によると、がんが30.5%、心疾患が15.7%、脳血管疾患が13.0%となっており、のこりが、肺炎や自殺、事故といった原因になっています。

戦後すぐの、60年ほど前では、日本では、結核や肺炎で亡くなる方が多く、その次が脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患で、がんは、4位だったのです。しかし、戦後復興の中で、衛生環境、栄養状態の改善もあり、結核や肺炎での死亡は急激に減少しました。また、高度成長期の時には、非常に増加していた脳出血や脳梗塞も、食生活や外来での高血圧治療、さらには、集中治療室での高度な治療が可能になったこともあり、1970年をピークに減少してきています。

このように、上位3つの疾患による死亡が減少する中で、急速に順位をあげてきたのが、がんです。1980年代には、脳血管障害を抜いて、日本人の死因第1位となり、現在に至っています。

なぜ、こんなに急激にがんによる死亡が増えているのでしょうか?

がんも生活習慣病の一つ

がんは生活習慣病
がんは、生活習慣病の一つして分類されます。ということは、がんが増えていることは、生活習慣の変化と関わりがあるのです。
少し意外かもしれませんが、がんは、生活習慣病の一つに分類される慢性疾患です。生活習慣病というのは、その人の生活習慣がもたらした病気という考え方です。以前は、成人病と言われた時期が長かったのですが、成人病というと「大人になると誰しもかかってしまう病気」というニュアンスを与えかねないので、この10年ほどで改められるようになってきました。

体に悪い生活習慣といえば、まず思い浮かべられるのが「たばこ」。残念ながら、現在も依然として高い喫煙率を示す我が国ですが、戦後の喫煙率の急上昇から20年ほど遅れる形で、肺がんで亡くなる人の数は急速に増えています。

現在の日本人男性でがんで亡くなる方の中では、肺がんで亡くなる方がもっとも多いのですが、これも、高い喫煙率と密接な関わりがあると言われています。

次のページでは、がんに関わるもっと身近な「生活習慣」についてご説明します。