がん治療の新しい可能性

がん治療の新しい可能性
現在、日本の医療機関で行われているがんの治療は、手術、抗がん剤治療、放射線治療で、三大療法とも呼ばれています。
がんの治療と言えば、テレビドラマや映画のテーマにもなりますが、外科医が活躍する手術が思い浮かばれる方も多いのではないでしょうか。

一般に、がんに対する治療法としては、こちらにも書きましたが、手術だけでなく、抗がん剤治療や、放射線治療があり、これらを合わせて三大療法と呼ぶこともあります。

しかし、最近では、これらの次ぐ新しい治療法が研究・開発されてきています。

今回は、がん治療の新しい切り札、免疫療法についてのお話です。

免疫療法って怪しい?

免疫療法って怪しい?
免疫療法!?何だか怪しいなぁ?とあなたが感じるのも無理はありません。
「がん治療の新しい切り札?」「免疫?」「何だか、怪しいなぁ」と思われた方、決して、少なくないと思います。そう思われるのも、決して、無理なことではありません。

残念ながら、今までも、健康被害が出たり、法外な値段で販売されていたりした健康食品には、「がん」と「免疫」をテーマにしたものが多くありました。

しかし、がんと免疫は、じつは非常に大きなつながりがあるのです。
こちらにもまとめてありますが、私達のからだの中に、がん細胞のもとは、毎日できています。しかし、それらを一つ一つ丹念にやっつけているため、全ての人ががんになるわけではないのです。

免疫とは自分と自分でないものを見分ける力のことですが、がん細胞を自分でないものと見分け、それらを今まで通りに攻撃することができないか?というのが、免疫療法の基本的な考え方です。

次のページでは、大学病院で進んでいる先進の免疫療法についてお話します。