女性ならではのちょっとしたお悩みに対してガイドがお答えします。
Q.『お酒や夜更かしで乳がんの発生率が上がるといわれていますが、それってホント?』というご質問にお答えします。


お酒を飲む人は乳がんになりやすい?!

アルコールと乳がんの関係

=少しなら大丈夫?=

1日平均の飲酒量がアルコール換算で6g、12g、24gの人の乳がんリスクは、お酒を飲まない人と比べて、それぞれ4.9%、10%、21%高くなったという調査があります。ちなみにアルコール12gは、日本酒なら半合、ワインなら1杯(100ml)、ビールなら1杯(250ml)くらい。ホントに少しですが、この程度でも、飲まない場合と比べて、乳がんリスクが高くなってしまうそう!なかなかショッキングな結果ですね。

=大丈夫なアルコールってあるの?=

残念ながら、アルコール飲料の種類によらないよう。ワイン、ビール、蒸留酒のどれでも、飲酒量とリスクが相関するようです・・・。

どうも、アルコールがエストロゲンに影響を与えて、乳がんの危険度が高くなるようです。

※「米国疫学雑誌」2001年10月15日号(American Journal of Epidemiology Vol. 154, No. 8 : 740-747, October 15, 2001 )から引用。ネット版要約はこちらへどうぞ


次ページは メラトニンと乳がんの関係について迫ります!>>


=乳がんの危険因子~最近のトピックINDEX=

1.お酒を飲む人は乳がんになりやすい?!

2.夜起きていると乳がんになりやすい?

3.お味噌汁は乳がん予防になる?