女性ならではのちょっとしたお悩みに対してガイドがお答えします。
Q.前回の乳がんの自己検診方法を実際やってみました。そうしたらしこりがある気がします・・・。なんだかものすごく不安になってきました。これって乳がん決定ですか?どうすればいいでしょうか・・・・。



乳腺炎

特に授乳中の方は可能性大!

=どんなモノ?=
乳房が赤くはれ上がって痛んでしまいます。場合によってお熱が出たりすることもあります。大体出産後早期、乳汁が分泌されるにも関わらず、乳管がしっかり開いていない時期におこりますが、たまに授乳期以外でもおこることもあります。

=原因=
大きく分けて2つあります。一つは、出産後、乳汁の通りが悪いため乳汁がうったいして起こる『うったい性乳腺炎』。もう一つは、ばい菌感染(ブドウ球菌が多い)による『急性化膿性乳腺炎』です。コレはうったい性の後に続くことも多いです。(授乳により見えない小さい傷ができるため)

=治療=
うったい性の場合はとにかく乳汁のうったいを取り除くこと!がポイントです。ですから温めたり、マッサージしたり積極的に授乳するとよくなります。
逆にばい菌によるものの場合は、授乳を中止して、さく乳器などを使って乳汁うったいを解消しつつ、乳房をひやします。さらに抗生物質を内服するとだいたい1~2週で治ります。たまに、膿を形成している場合には、外科的に治療することもあります。

ひとことに『乳房に異常』といっても原因はさまざま。診断が確定する前にいろいろ考えすぎるのも考えもの。まずは、正確な状況を把握するところから始めましょう。


・でも、実際がんになった人に対して、お医者さんはどんなことを考えているのでしょうか?それを解説したガイドの新刊『生命の羅針盤 -医師である娘が末期がんの父を看取るとき』はこちら。


=乳がん以外の病気INDEX=

1.一番多いのはコレ!~乳腺症

2.乳がんと紛らわしいモノ~線維腺腫

3.番外編~授乳中なら乳腺炎





=乳がんに関しての記事INDEX=

 
どんな人が乳がんになりやすい?お酒や夜更かしで乳がんになる?お手軽乳がん自己検診法!


=関連おすすめINDEX=

 ・乳がん

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項