好調マンションには、理由あり!
現地・モデルルームのチェックポイント

リーマンショック以降翳りのあった新築マンションマーケット。ここにきて、モデルルームの来場者も増えるなど、売れ行きにも明るい兆しが見えてきています。不動産経済研究所発表の7月の首都圏マンション市場動向によれば、7月度の契約率は75.3%。5月、6月に続き3ヶ月連続で70%以上の契約率になっています。価格は、前年比で12.8%下落の4,628万円、平米単価は7.4%下落の66.5万円と値頃感が出てきたことも、好転の要因でしょう。

プラウド東陽町
プラウド東陽町完成予想図。ファミリー層の支持を得て販売好調だ。仙台堀川公園を南に抱く希少な立地も評価の高い要因
今春以降発売物件では、好調物件が目立つようになってきました。例えば、南側に仙台堀川公園を抱いた好立地のプラウド東陽町(野村不動産 168戸)は、子育て層中心に支持を受け非常に販売が好調です。今回は、プラウド東陽町の物件見学から現地やモデルルームのチェックポイントを探ります。

◆プラウド東陽町 物件全体概要
●交通:東京メトロ東西線「東陽町」駅徒歩13分 ●総戸数:168戸 ●敷地面積:5648.38m2 ●売主:野村不動産 ●設計施工:長谷工コーポレーション ●専有面積:61.47m2~100.33m2


交通アクセスだけでなく、アプローチを見る

プラウド東陽町 游歩道
駅からプラウド東陽町へのアプローチ。遊歩道が整備されているかどうかは、押さえたいポイントだ
同マンションの最寄り駅、東京メトロ東西線「東陽町」駅は、「東京」駅より5km圏に位置し通勤アクセスの良い駅です。東西線は、東葉高速鉄道に乗り入れをしている為快速の本数が多く、沿線でも快速通過駅が多い沿線です。「東陽町」は、快速も停車するので、隣駅の「南砂町」駅と比べると1駅でもかなり利便性が異なります。始発電車の多い「押上」駅の物件が人気のように、最寄り駅のダイヤは確認したいポイントです。


プラウド東陽町 遊歩道
24時間営業の西友。生活動線上の利便施設は、チェックしたい
駅を下りて、現地に向かうと両側に整備された遊歩道が切れ目無く続きます。駅からマンションへのアプローチは、日々の生活動線になるので非常に大切です。同マンションでは、駅への動線上に24時間営業の西友があり買い物便も良さそうです。駅から近くても、商業施設が反対側だったりすると行きにくさを感じるので、現地で確認したいポイントでしょう。同マンションのアクセス上に、横十間川親水公園や仙台堀川公園があります。徒歩13分ですが幹線通りを歩くアプローチと公園を抜けるアプローチでは、体感距離も変わります。

プラウド東陽町 公園
同じ距離でも、アプローチによって体感距離は変わる。坂道がある場合などは、注意したい
環境面のチェックポイントとしては、小学校などの教育施設や公園、役所・図書館などの公益施設、医療施設、商業施設は押さえたいポイントですが、プラウド東陽町は、第四砂町小学校まで徒歩4分、第二南砂中学校まで徒歩3分と教育施設にも近く、子育て希望層に支持されているのも頷ける立地環境です。

砂町銀座商店街やSUNAMOなどの大型商業施設などが近隣に多く、更に商業施設も建設中で、ファミリー層にとって暮らしやすいインフラが整っているのも魅力です。

ポイントA―――現地から駅へのアプローチは、実際歩いて体感しよう

次のページでは、現地を見てみます。