遠くも近くも見にくい・・・年齢を重ねると避けられない老眼。これはどうしてなるのでしょうか。今回は、そんな疑問について考えてみたいと思います。
 
VDT症候群診断
誰にでもいつかはくる目の老化

水晶体は毎日老化が進んでいる

ピント調整能力を計測する装置を使い、目の焦点をどのくらいの距離で合わせられるかを測定すると、明らかに年齢による違いがわかります。

20歳より30歳、30歳よりも40歳と、より遠くの位置でしかピントが合わせられなくなるのです。例えば新聞がどのくらい近くで読めるのかを、両手に持ち遠ざけてみるとわかりやすいものです。そばにいる、年代の違う人たちと試して比べてみてはいかがでしょうか。

これは、カメラで言えばレンズ部分にあたる水晶体が、加齢とともに弾力がなくなり、硬くなることが大きく影響しています。また、生卵をフライパンで焼くと、透明部分の白身が白く濁るのに似て、水晶体内も白濁してきます。これは水晶体の素材であるたんぱく質が変質してくるからです。
このあたりの要因は、紫外線などの影響があると考えられています。

参考記事:
老眼Vol.1 なぜ目は老化するのか?[目の健康]

次のページは老眼のしくみとは