ログイン名、パスワードの入力が必要なネットショップや、ブログ、コミュニティサイトでは、自分のログイン名、パスワードを毎回入力する必要があります。できれば、パスワードくらいはサイトごとに違うものを使いたいものですが、実際には覚えるのが面倒だから、同じような短いパスワードにしてしまいがち…

ほかにも、ブログにコメント付けるときなどは、自分のハンドル名、emailアドレス、自分のホームページアドレスなど、同じような情報を毎回入力しなければならなかったりするので、ハンドル名以外は、ついつい省略しがちになります。

このような自分固有の個人情報を入力する作業は、大切だとわかっていても、いちいち手入力したり、たくさんのパスワードを覚えたりするのは、面倒くさいものです。

Safariの自動入力を使えば、サイト毎に異なる情報を簡単に覚えてくれて、いつでもすばやく入力することができます。

Safariの自動入力を使用する


Safariの自動入力を有効にするには、環境設定 - 自動入力 で「自動入力 Web フォーム」の各項目をオンにします。これらの項目を有効にしておくと、アドレスブックやSafari自身に記憶した情報を利用して、ほとんどのフィールドを一度に入力することができます。
画像
3つの項目はそれぞれ使用するシーンが異なります。内容をよく理解して使い分けましょう


アドレスブックの自分のカード情報を使用


画像
Safariの環境設定-自動入力の項目「アドレスブックの自分のカード情報を使用」の設定をオン
会員制のサイトにアカウントを作成する場合、自分の住所、氏名、電話番号、emailアドレス、ホームページアドレスなど非常に多くの情報を入力しなければなりません。
このようなページへ自動入力したい場合は、自動入力の項目「アドレスブックの自分のカード情報を使用」の設定をオンにします。


●自動入力される項目を正しく設定
まず、Safariの環境設定-自動入力の項目「アドレスブックの自分のカード情報を使用」の右側にある(編集…)ボタンをクリックして、アドレスブックの自分のカードを編集します。
画像
アドレスブックを直接起動して、“自分”と書かれたカードを編集するのと同じ操作です


●自動入力の利用
画像
メニューからも呼び出せますし、アドレスバーをカスタマイズして自動入力のボタンを表示させて利用してもOK
自動入力したいサイトにアクセスしSafariの 「編集」 - 「フォームに自動入力」を実行します。コマンドを実行しなくても、フィールド上で入力操作を行うと自動的に入力される場合もあります。