文章:石原 敬子(All About「よくわかる経済」旧ガイド)
■あなたも立派な「経済人」

「経済人」なんていうと、「会社のエライ人」とか「大学教授」とか「テレビで難しいことをしゃべっている人」だけなんて思っていませんか?全然そんなことありませんよ!あなただって立派な経済人です!

ほら、お給料をもらって、税金社会保険料を払って、貯金をしているじゃないですか!

さらに、お買い物大好き!っていうあなたは、ベテランの経済人です。欲しいものを今、買おうか?バーゲンまで待とうか?って考えたり、今年の流行を人より早くチェックしたり・・・。少しでも、お得なお買い物をしようと考えている時、どんなエコノミストよりも鋭い経済の分析をしているとも言えるのですよ。

そうはいっても、「経済」って、なかなか、難しそうで首を突っ込めない、と思っている方が多いのではないでしょうか?でも、誰にでも大事な「お金」に関わることですし、実は、とても身近なネタが満載のジャンルだと思います。そして、知っている人と知らない人とでは「おトク度」が全然違うのではないでしょうか?これからは、経済の動きを知って生活するということが、いかに「おトク」につながるか、実感できる時代なのではないかと思います。ここではまず、広い視野で、あなたと「経済」のつながりを感じていただければと思います。

■経済の登場人物は3グループ

1 家計    2 企業   3 政府


日本が元気が無くなってかれこれもう10年以上が経ちました。あなたのフトコロは、お元気ですか?昨年度ぐらいから、企業の一部分が元気になってきました。今年度後半、なんとな~く、家計が元気になりつつあるようです。政府は、色々と努力を重ねているようです。今回は、経済の登場人物3グループの関係をお話しします。あなたも経済人のひとりのカラクリは、いよいよ次のページで種明かしをします。