IDEEの新しい都市型住宅
 

小田急線と千代田線の交差する代々木上原周辺は、新宿からも表参道からも10分足らずという至近の住宅地です。拡幅工事の完了した井の頭通りにも面した一等地に「IDEE R-project」の考える新しいコンセプトの都市型賃貸住宅が完成した。11月21日の竣工記念パーティに招かれた取材報告です。
代々木上原の駅を降り、井の頭通りに出ると古賀正男記念館とJASRAC(日本音楽著作権協会)が並ぶ。この坂をのぼった右の茶色のビルの奥にちらっと見えるグレイの建物が、今回ご紹介する「IDEE ROOMS UEHARA」。
家具ショップという範疇から、ライフスタイルショップに変ぼうし、IDEE R-projectという名の都市・建築プロデュースを目的とした別会社を設立したIDEEの動きから目がはなせません。
上原三丁目商店街の入り口に、オフホワイトとグレイの2棟(実際には3棟になっているそうだが)の集合住宅が竣工した。入り口壁面の「IDEE ROOMS UEHARA」サインプレート。
 
シンプルなデザインでまとめられたエントランス。
 
エントランスホールの右には、ちょっとした会合にも使える空間が拡がり、シンプルだけではない暖かなナチュラルテイストが嬉しい。
 
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます
住む人のライフスタイルを一番に考えたいという「IDEE R-project」の基本コンセプトは住戸プランにも、インテリアデザインにも最大限に生かされている。
床は竹集成材のフローリング。アジアンテイストはIDEE DESIGNの得意とするナチュラルでエコ指向を具現化したもの。
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます
イデーがキッチンメーカーと共同開発したステンレストップのオリジナルキッチン。クックトップは2口のガス仕様。
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます
バスルームは、洗面・トイレ一体の三位一体型だが、ユニット工法でなく現場施工のタイル仕上げ。
バスタブの仕切りもガラスパーティションで区切られているため図面で見るよりも、ぐんと広く感じる。
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます
洗面ユニットのデザインもIDEE STYLEのこだわりを感じさせる。このCtypeは、専有面積が約50平方メートルで月額賃料は21~22万円台(管理費込)。

「IDEE R-project」のプロジェクトは、すでに都内各地で始まっている。各々の物件ごとに明解なコンセプトがつづられ、住む人のライフスタイルがここまで尊重される賃貸住宅はこれからの都市住宅の姿を明示しているといえよう。
「IDEE ROOMS UEHARA」のユニークなコンセプトは、次のページで紹介する「O.R.G food bar」と蕎麦屋の「山都」が、このマンションの一階に店鋪展開していることからも理解できる。
オーガニック食材とエコロジーにこだわる「O.R.G food bar」 は、このマンションの居住者だけでなく地域住民のための食のサービスを目指している。夜遅く帰宅した住民が夜食を楽しむこともできる「山都」は、営業時間が17時から25時(ラストオーダーは24時)までというのも、代々木上原のロケーションに根ざした嬉しいコンセプトの蕎麦屋である。


(C)Nov.2003 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABORATORY INC.