新商品
「ビュライ/レジェ/らせん階段2連結タイプ」      [新日軽]

上下階を移動する手段である階段。そのスタイルには、さまざまな種類があります。直階段(直線階段、一文字階段、鉄砲階段)、折り返し階段(戻り階段、行って来い階段)、かね折れ階段(折れ階段、折れ曲がり階段、くの字階段)、カーブ階段(回り階段)、螺旋(らせん)階段、箱階段など。また、デザイン面でみると、箱型階段、オープン型階段、箱型とオープン型のミックスしたタイプなどにも分けられます。プランニングの際には、それぞれの階段の特徴を理解して、間取り全体で考慮することが重要です。

今回ご紹介する新商品は、1階から3階までつなぐモダンな雰囲気を持つらせん階段。どんな特徴があるのかみてみましょう。

1階から3階までをつなぐ

「限られたスペースに効率よく階段を設けたい」「開放的なリビングに階段を設けたい」そんな要望を持つ方であれば、らせん階段を用いるのひとつの方法です。より開放的な空間としたいのであれば、オープン型にしてみてもいいでしょう。

アルミ室内階段「ビュライ/レジェ/らせん階段」もそんな開放的な特徴をもつモダンならせん階段。この階段2基を中心支柱で連結して、1階から3階まで連続で昇降できるタイプが新商品として発売されました。
画像の<br>代替テキスト
らせん階段のデザインで、空間の印象も大きく変わる!?

このらせん階段の外径寸法は、1,682ミリ、1間(芯々 1,820ミリ)の吹き抜け空間(105角の柱を使用の場合)にも設置することができるので、限られたスペースでのプランニングが可能です。狭小敷地に建つ都市型3階建て住宅に適したものと言えるでしょう。また、工場生産品なので品質も安定しており、軽量で基礎工事や設置時に特殊な工具も必要としないため、短期間での施工も可能です。

<写真本体価格> 
「階段部分」らせん階段2連結 木踏板タイプ(ワイヤー3本手摺) 本体価格:2,165,100円 階高:下部2,800ミリ 13段(12ステップ) 上部2,900ミリ 14段(13ステップ)
※表示価格は部材標準価格。組立・運搬・取付工事費・消費税は含まれません。


次ページでは、同時に発売された「レジェ/らせん階段木踏板タイプ」「レジェ/らせん階段踊り場パネル手摺」をみていきましょう。