お助けWebセミナー2
「あなたの土地地耐力はある?」
 

「地耐力とは?」

一戸建ての耐久性を決めるカギとなるのはなんといっても一番下で支える地盤と基礎です。地盤は建物の荷重に対して耐えうる強さをもっていなければ建物は傾いてしまいます。この耐えうる強さを地耐力といいます。地耐力は、一般的な土地であれば3トン/平米以上はあります。もし、不安を感じるようであれば地質調査をお願いするとよいでしょう。調査費用は10万円以内でできると思います。

●地耐力の調べ方
地耐力
(トン/平米)
調査方法

コメント

3トン以下 標準貫入試験
積荷試験
・一番確かなデーターが期待できるのはセットで行うことである。
・セットで25万円位
3トン前後 スウェーデン式
サウンディング法
・多少誤差がでやすい方式
・容易にでき費用も安い
・約8万円位
・基礎工事はべた基礎で行う
3トン以上 しなくてよい ・関東ローム層なら5トンは期待できる
・基礎工事は布基礎で行う

地盤で一番恐いのは不同沈下です。軟弱な地盤を埋め立てたり、傾斜地を造成したところで起こりやすくなっています。もし現場周辺をみてそんな雰囲気が感じられれば、標準貫入試験積荷試験をセットで受けることをお勧めします。きちんとしたデーターがでれば効率的な基礎設計ができます。特に土の中は目視で状況をつかみ取ることができないため、はじめの判断がとても重要です。


「どこに調査を依頼すればいい?」

地質調査をお願いしたいけど、どこにお願いすればいいの?と悩んでいる方!下記のサイトをご紹介します。
社団法人 全国地質調査業協会連合会
社団法人 東京都地質調査業協会


◆次のページで「ガイド・佐川のアドバイス」を。。P2