家を建てるとなるとどんな間取りにしようか、キッチンはどうするか、中庭を設けたいなどアイデアとワクワク感がつきません。その一方で予算となると限りがあり、家づくりは夢と予算のせめぎ合いになります。コストを抑え、満足する家をつくるにはどこにどれだけの予算を配分し、どこを抑えるかが大事になってきます。何かをあきらめたり、削ったりする以外にコストダウンをする方法はたくさんあります。そのポイントをご紹介しましょう。

まずはじめに、本体工事の中身を知ろう!


住宅コストのしくみを知る!
まず建物の本体工事はどのような構成になっているのかを理解することです。

【本体工事費の構成】


この中で木造住宅は木工事と仕上げ工事の占める割合が大きく、この辺りにコストの差がでやすく、またコストダウンがしやすいのです。

コストダウンのポイント15選


1土地を選ぶ時は地盤の強さまで調べる。
地盤がしっかりしている場合、地盤改良をするための費用が大幅にカットされる。
50~80万ダウン
2建物はできる限りシンプルな構造にする。40~50万ダウン
3各部屋の最大スパンは4.5m以下にする。5万円ダウン
4出窓や屋根の形状を複雑にしない。これは雨仕舞の点からもいえる。10~15万ダウン
5部屋数を多くして壁や建具を増やさない。間仕切りやパーテーション、家具を利用して工夫する。10万ダウン
6玄関ドアは片開きとする。意外と親子扉は使わない。10~15万ダウン
7窓のデザインはあまり凝らない。窓の数も考えて計画する。15万ダウン


続いてポイント8~15は→次のページへ