廊下やキッチン、洗面所やトイレなどにある小さな窓にカーテンやシェードなどを掛けていますか?換気や採光のための小さな窓にも、ちょこっと生地を窓掛けにするだけで、ガラス面の特有の寒々しさが薄れ、雰囲気がぐっと良くなります。そんな小さな窓にお勧めの窓掛けを設置時の注意点と共にいくつかご紹介しましょう。

グレード感アップのスタイルカーテン

小さな窓の場合保温効果を期待するよりも、装飾効果、遮蔽や遮光効果を考えて窓掛けを掛ける場合が多いでしょう。大きな窓のように2重に吊ることもありますが、ドレープのみ或いはレースのみを掛けることも多くなります。

一重掛けでも十分に装飾性が高いのがスタイルカーテン。薄手で柔らかい生地が向くので、レースやボイルといった生地が良く使われます。

小窓を飾るカーテンテクニック
縦長小窓にお勧めのセパレートスタイル。タッセルを外すと普通のカーテンのようになります。左:フリルが華やかな印象に(画像:川島織物セルコン)右:洗面所に花柄プリントを合わせて明るく。

縦長の窓にお勧めなスタイルカーテンの一つが上の画像のようなセパレートスタイル。カーテンを中央でタッセルで絞った形です。

上の画像の左のようにフリルを三方に施したものは、華やかでエレガントなイメージの空間にぴったり。右は、花柄の薄手プリント地を使ったもの。まわりには小ぶりのフリンジを使っていて可愛らしい印象になっています。タッセルは共布だけでなく、リボンや他のタッセルを結んで使うのもお勧めです。

注意点は内外の視線。タッセルで中央を留めるので、窓ガラスが透明の場合は、窓枠とカーテン生地の隙間からは、外からも中からも視線が通ります。外からの視線が気になる、また、外の景色は見たくないといった場合には不向きでしょう。

小窓を飾るカーテンテクニック
一つだけでも良し、並べてみても良しですね。(画像:川島織物セルコン)
このセパレートスタイルは外から見ても美しく見せるので窓辺をドレスアップするにも向いています。一箇所だけでなくいくつか並んでいる窓に使うとリズム感が生まれます。右のような円形に張り出した出窓(ボーウィンドウ)にもお勧めですよ。


次ページでは、縫製も取り外しも簡単なカーテンをご紹介しましょう。
お手軽!カフェカーテン>>