JCBゴールドとザ・クラスをつなぐプラチナ級カード

プロパーカードに力を入れるカード会社が増えてきました。JCBでは、ステータスカードに完全招待制の「JCBゴールド ザ・プレミア」を新たに追加してラインナップの充実に乗り出しています。現在は、JCBゴールドカード(年会費1万500円)があり、その上位に、JCBザ・クラス(年会費52,500円)が位置します。しかし、二つのカードの間には、特典や年会費で開きがありすぎるとの声もあり、その間をどう埋めるかが課題でした。そこで、同社は、「JCBゴールド ザ・プレミア」(年会費15,750円)というプラチナ級カードを新たに投入してゴールドとブラックの間をつなぎ、シームレスなラインナップにしようとしています。
 

世界の空港ラウンジを使えるプライオリティ・パス

注目の「JCBゴールド ザ・プレミア」は、JCBゴールド会員の中で、ショッピング利用合計額が、2年間連続で100万円以上の人が対象となります。また、Eメールでの招待となるため、インターネットサービス「MyJCB」会員であることが条件となります。カード券面は、ステータス感溢れるブラック系の洒落たデザインが目を引きます。さらに、海外600カ所以上の空港ラウンジサービスを利用できる「プライオリティ・パス」(7月からスタート) が付くほか、選び抜かれたホテルでの宿泊サービス「プレミアム宿泊優待プラン」、国内外レンタカー優待「ハーツ・NO.1クラブ・ゴールド」、年間500まで補償するショッピングガード保険も付きます。
 

ザ・プレミア会員になってもゴールドと同じ10,500円の年会費で済む!

招待を受けて会員になると、通常のJCBゴールド年会費(10,500円)に加えて、サービス年会費(5250円)が必要となりますが、年間のショッピング利用合計額が100万円以上の場合は、次年度のサービス年会費が無料となります。そのため、申し込んだ年のサービス年会費は必ず無料になり、その後も毎年100万円以上カードを利用していれば、JCBゴールド年会費のみで、プラチナ級のサービスを受けられるのです。つまり、1万円という年会費で、プライオリティ・パスのサービスを受けられるうえ、スイートルームの大幅割引を受けるチャンスに恵まれるなど、特典はまさにプラチナ級といえます。
 

3月いっぱいに手続きを済ませよう

すでに2月15日から10万人のJCBゴールド会員にEメールで招待状が送られているといいます。2chやブログではこのメールや「JCBゴールド ザ・プレミア」の話題で持ちきりですが、3月末までに申し込みを終えなければ、せっかくの資格を放棄することになります。もし、あなたの手元にメールが届いているなら、今すぐメールをチェックして手続きを取りましょう。新カードは4月8日以降に送られてきます。

JCBゴールド ザ・プレミア
http://jcb-originalseries.jp/premier/


 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。