ビデオ三脚にはリモコンが付いていることが多い

ここでは、ビデオ三脚の特徴とその使い方について解説します。なお、ここで利用している三脚はソニー製(ソニー「VCT-D680RM」)で、ソニーのDVカメラ向けのものです。全てのDVカメラでも同様に操作できるとは限りません。利用しているDVカメラでビデオ三脚が利用できるかどうかは、DVカメラのメーカーに確認して下さい。

ビデオ用の三脚には、リモコンが付いています。

 

水平を調整する

ビデオ三脚には「水平器」が取り付けられています。これを利用して三脚を水平に設置します。これによって、水平な映像が撮れるようになります。

水平器を利用して、三脚を水平に設置します。

 

カメラを取り付ける

三脚から「クイックシュー」を取り外し、これをカメラに取り付けます。カメラは、このクイックシューを利用して三脚に取り付けます。

また、三脚のリモコンから出ているるケーブルを、カメラの「LANC端子」に接続します。

クイックシューを三脚から取り外してカメラに取り付け、そのカメラを三脚に固定します。

 

リモコンのケーブルを、カメラのLANC端子に接続します。

 

パン/ティルトの操作

三脚のリモコンの付いている部分を「パンハンドル」といい、この部分を持ってカメラを左右に振るパンや、カメラを上下に振るティルトを行います。

パンハンドルを持って、カメラをパンさせたり、あるいはティルトさせます。

 

リモコン操作

この三脚のリモコンでは、次のような操作ができます。

  1. POWERのオン/オフ
  2. 撮影のスタート/ストップ
  3. PHOTOのシャッター
  4. ズームイン/ズームアウト
リモコンで、ズームイン、ズームアウトや撮影のスタート/ストップ操作などができます。

 

高さを調整する

三脚の足を出し、撮影しやすい高さに調整します。また、エレベーターがあるので、これを利用して高さを微調整します。

エレベーターで、高さの調節ができます。

 

操作しやすい高さで、撮影を行います。


 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。