U2のボノというとロックアーチストですが、それだけでなく社会慈善家としても知られています。アフリカのエイズ患者救済のためのREDプロダクトは有名で、アメリカン・エキスプレスやアップルといった名だたる会社がパートナー企業として参加しています。アメリンカ・エキスプレスは2006年から英国で「レッドカード」という社会貢献型クレジットカードを発行(年会費無料)。カードの支払い金額の1%をアフリカのエイズ撲滅に取り組む「the Global Fund」に寄付しています(日本では発行していませんから注意してください)。

日本のアーチストの社会慈善活動というと、Gacktの「Save Our Dears」というチャリティ基金がよく知られています。Dearsというのは、Gacktのオフィシャルファンクラブ。そのオフィシャルカードである「Dears Card Upty」(オリコ発行)に入会すれば、1500円の年会費のうち1000円が寄付に回され、「Save Our Dears」を通じてアジア全般のチャリティ活動などに使われます。

プロゴルファーの上田桃子は2008年から盲導犬普及の支援活動「桃犬プロジェクト」を始めています。桃犬プロジェクトとは、上田選手が獲得したバーディーの数に応じた金額を盲導犬の支援に充てるというもの。バーディーを決めることがチャリティにつながるため、プレーをするうえでのモチベーションのひとつになっているといいます。その延長として社会貢献型クレジットカードの発行を始めました。「桃犬(モモケン)カード」(セディナ発行)がそれです。年間バーディ(イーグル含む)数に応じた額のポイントが貯まり(1バーディ=1わくわくポイント)、それが盲導犬普及啓発活動を支援する団体へ寄付されます。ちなみに2008年度はバーディ(イーグル含む)数は349でしたから、一人当たり349円の寄付が行われたことになります。それほど高額というわけではありませんが、バーディ数と連動させたところがユニークです。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。