【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


401kは60歳までしか入れなかった?

先日、日本版401k(確定拠出年金制度)の改正法案に、65歳まで加入できるようになる仕組みが盛り込まれそうだ、という報道がありました。
実は、日本版401k制度は、60歳までしか加入することができません。これは、類似する制度である国民年金基金の加入年齢が60歳到達までであることや、一般的に当時の定年年齢が60歳であったことなどに由来するとされます。

しかしながら、定年延長ないし継続雇用制度を65歳まで導入することが2006年度以降、会社には義務づけられるようになりました。また、もうひとつの企業年金制度である確定給付企業年金(2002年4月施行)では最初から、働き続ける限り60歳以降も加入し続けることができる仕組みでした。
もちろん国の制度である厚生年金についても60歳以上働いている人は対象となっています。

こうした情勢を踏まえ、今国会に提出が見込まれている改正法案においては企業型401kにおいて、65歳まで加入できる仕組みを導入することになったようです。

65歳まで入れるようになって誰がトクする?

ところで、65歳まで加入できるとどうなるでしょうか。ケース別に考えてみます。

第一に、65歳まで定年が延びている会社で正社員として働き続けられる場合、あるいは退職日が60歳到達後の年度末であるような会社では、この改正によって、退職する日まで401kに加入できるようになります。

ただし、60歳でいったん退職して再雇用される場合などは、必ずしも401kに加入し続けられるとは限りません。会社としては正社員扱いをしていないので、退職金・企業年金制度にあたる401kについては適用外とする可能性が高いからです。これは個別の労働条件によります。

また、今の案では個人型401kについては現状のまま、ということになりそうです。自営業者や企業年金のない会社員など個人型401kに加入している人には今回の改正は影響しないということになります。