※「銀座めざマルシェ」は2011年5月8日に、閉店しました。
2011年4月29日に「お台場めざマルシェ」がオープンしています。


メガアンテナショップ『銀座めざマルシェ』めざましテレビから誕生

めざましくん場所

1階のエントランスでは、番組キャラクターのめざましくんが3メートルという超巨大なボディに10万個のラインストーンをまとってお出迎え

東京にいながら、日本各地の名産品が手に入るとあって人気の“アンテナショップ”。北海道どさんこプラザは有楽町に、京都館は東京駅八重洲口に、みやざき館KONNEは新宿に……と、都内色々なところにショップは散らばっていましたが、2010年1月22日(金)、ソニービル近くの銀座5丁目に、47都道府県全ての物産品が一同に会するスペシャルなビル『銀座めざマルシェ』がオープンしました。プロデュースは、ネーミングからもお気づきとは思いますが、フジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』というのも注目です。

ビル12フロアに名産品がギュッ!

約2万点の物産が集結。デザインや商品名にも個性があって見ているだけで盛り上がります

全国から届いた約2万点の物産は、デザインや商品名にも個性があって見ているだけで盛り上がります

まず驚くのがスケールの大きさ。地下1階、地上13階のビルの12フロアが、全国各地の美味しいもの自慢の逸品で埋め尽くされているのです。物産品の販売だけでなく、景色のよい最上階の13階と12階、11階には各地の食材を使ったメニューを楽しめるカフェ、レストラン、酒場がオープン。買って帰らずとも、その場でも味わえるスポットなのです。

場所は外堀通りに面している

最上階の『めざマル食 カフェ』。外堀通りに面しているので窓の外には銀座の街並みが。開放感のあるフロアです

【フロア構成】
13階 めざマル食カフェ
12階 めざマル食レストラン
11階 めざマル酒
10階 めざマルシェ~沖縄/九州フロア
7階  めざマルシェ~中国/四国フロア
6階  めざマルシェ~関西/東海フロア
5階  めざマルシェ~関東/静岡フロア
4階  めざマルシェ~北陸/甲信越フロア
3階  めざマルシェ~北海道/東北フロア
2階  めざマル集(イベントスペース)
1階  エントランス
地下1階 めざマル鮮