今一番好きな洋食屋さん!

外観
このお店の前にずら~っと人が並びます。特にランチ。
京橋ドン・ピエールの総料理長を務める鈴木正幸シェフが、満を持して神田にオープンさせた洋食店です。お昼どきは近くのOLさんたちで常に満員。サラダorスープがつく「(和牛セットA) 北海道産黒毛和牛カレー」(1,000円)、または「(ドライセットB) ドライカレー・オムレツのせ」(1,000円)をオーダーする人がほとんどです(種類によってはテイクアウトも可能)。


他にはない独特の香り!

北海道産黒毛和牛カレー
1,000円以下とは思えない「北海道産黒毛和牛カレー」(880円)。
「北海道産黒毛和牛カレー」(880円)は、見た目は至ってシンプル。余計な具材は一切なく、肉(やわらか~な頬肉)がゴロゴロと転がっているだけです。しかし、口に含んだ途端に直面するテイストは何とも複雑。りんごや蜂蜜の甘みと山椒の鋭角的な香りが、渾然となって味覚を圧倒するのです。見た目のオーソドックスさからは予想もつかないほどの滋味、そして味の奥行き…。相反する甘みと辛みを巧みに組み合わせ、見事なまでの味のコントラストを生み出すシェフの力量には、ただただ脱帽ですね。特に山椒の効果は絶大! このシャープ感溢れるテイストによって、味わいに品格が与えられています(量の違いで「特選 ビーフ・カレー」(昼1,500円 夜1,580円)もあります)。


ドライカレー・オムレツのせ
リピーターも非常に多い「ドライカレー・オムレツのせ」(昼880円 夜1,580円)。
「ドライカレー・オムレツのせ」(昼880円 夜1,580円)は、その名の通り、ドライカレーの上にオムレツをのせたもの。オムレツはシンプルなプレーンタイプで、中は半熟です。


ドライカレー・オムレツのせ
オムレツを割った時の様子。
キリッと効いた山椒の香りと包容力のあるたまごの風味、この対比が実に素晴らしく、一度食べたらやめられません! たまごのストレートなおいしさも伝わってくるので、懐かしい気分にひたれる一品ともいえるでしょう。


次ページは、カレーと並ぶもう1つの看板商品について。