壮麗な5ヴィンテージを味わう

フレデリック・ルゾー氏
フレデリック・ルゾー氏
先日、ルイ・ロデレール社の代表取締役フレデリック・ルゾー氏を迎え、輸入元・エノテカがクリスタルの5ヴィンテージ(2000・1999・1990・1989・1988)の比較試飲を行った。同社が現在販売するヴィンテージは2000年と1999年のみだが、それに加えて過去の偉大なヴィンテージを比較しようという、なんとも贅沢な機会であった。

まず最近リリースされた2000年は、まだかなり固く閉じた風味である。香りは花のような感じがほのかにあり、新鮮な酸味とデリケートな果実味が、熟成と共にほどけてくることだろう。それに対して1999年はふっくらと、クリスタルの特徴である芳醇さが充分に出てきている。

どちらのヴィンテージもプレミアムのレベルではまだ若いものだが、フレッシュな気品がある。今飲むなら1999年、セラーで熟成させて変化を見たいのは2000年といったところだろうか。この冬の祝宴に1999年ヴィンテージが活用できそうである。

円熟のオールドヴィンテージ

年代はぐっと過去に遡る。1990年はシャンパーニュ地方において、輝かしいヴィンテージである。香りからして豊かでまろやか。味わいは酸味とコクともに力強い。収穫年から16年後にまだかなり若々しいほどだから、これからさらに熟成して美味になっていくはずである。

最高のヴィンテージに数えられる1990年

1989年は香りに熟した果実やハチミツのような特徴があり、熟れた果実味のたっぷりあった年。1988年、これは素晴らしい。かぐわしく調和した香りから円く溶け合った味わい、長い余韻。まさに熟成の極み、まだあと数年はこのような状態で進化し続けるに違いない。

クリスタル、恐るべし。最高に華やかなシャンパーニュで、あなたの宴にきらめきを。


関連サイト


■ エノテカ (輸入元サイトの商品ページ)
■ シャンパーニュ・ロデレール (英・独・仏語)
■ 文中のワインが買えるネットショップ
エノテカWine Community河野酒店信濃屋

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。