GPSナビになるPSP


GPSユニットを装着。使用しないときは裏側にたためるのが非常に便利だ。
PSPはナビになる。
意外に知らない人も多いかもしれないが、PSPにGPSユニットを付けるとGPSナビになる。というわけで、今回「PSPでのナビはどこまで実用的なのか」ということを調べてみた。

PSPで発売されている代表的なナビソフトは2つ。『Maplus』と『みんなの地図』である。どちらもシリーズになっていて、共に2が最新版となる。

今回メーカーのご協力により両方お借りすることが出来たのだが、この二つのソフト、それぞれかなり明確に想定されている利用シーンが違う。

今回はまず『みんなの地図』の最新版、4月24日に発売される『みんなの地図3』を発売前に試してみよう。

徒歩用ナビ最新版『みんなの地図3』


名古屋駅の目の前にある大名古屋ビルヂング。このネーミングセンスはもっと評価されるべきだと、筆者は思う。
『みんなの地図3』は、主に徒歩のナビゲーションを目的として作られている。カーナビ用途ではまず使えないと思っておいたほうがいい。その最大の理由は「ルート検索が10kmまでしか出来ない」という点にある。
これは歩道橋や歩道などを考慮したルートを検索するためで、必然車道よりも密度が高くなるからだそうだ。

そのため、もしカーナビとして使えるPSPソフトを探しているなら『Maplus』が適しているといえる。

今、ポータブルナビも5万円程度で購入することが出来るし、本格的ナビと張り合うよりは利用シーンを絞ったということだろう。
その分徒歩ナビとしては非常に使いやすく出来ている。