キャットストリートを抜ける

裏原宿と呼ばれている遊歩道はかつての渋谷川の跡である。このあたりは川の跡がそのまま残っている。
ひらがなで「さんだうはし」と昔の書き方

参道橋の跡


 
 
表参道通りへ出る。通りをまたぐ陸橋を越えると、そこには「参道橋」の書かれたかつての橋桁を発見。ここを川が流れていたのだ。「穏田商店街」と書かれた看板がある。まさに穏田川が商店街となっているのだ。先へ進むとキャットストリートと呼ばれた道へ行く。さらに穏田神社という、「穏田」の名前の元となった神社が現在もある。

そして今の渋谷川

キャットストリート、すなわちかつての渋谷川(穏田川)は、明治通りと交わる。ここから宮下公園の下を川は進む。今、バイクの駐車場になっている部分が川だったのではないかと思われる。
暗渠から表にでてきたところ

渋谷駅のところで顔を出す渋谷川


 
 

明治通りと平行し、渋谷駅の宮益坂口、南口の前を通り過ぎ、陸橋をあがる。すると、ここからスタートしている渋谷川と遭遇する。今は暗渠となっているが、以前はこの川がずっとつながっていた。もちろん、この渋谷川散歩も近々ご紹介することとなると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。