メジャーリーグ/日本人メジャーリーガー 最新コラム

強振こそすべて―松井秀喜、反攻の6月(2ページ目)

5月はメジャー自己ワーストの月間打率.184に終わったンゼルス松井秀喜。6月は「振らなければ何も始まらない」というアドバイスを受け、成績も向上。赤ゴジラの反攻がはじまった―。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

強く振らなければ何も起こらない―

この悩める松井秀にいい刺激となったのは、エリック・アイバー遊撃手(26)だ。アイバーは全てにおいて超が付くほど積極的で、守ってはどんな打球でも追いかけ、出塁してはひとつでも先にの塁を奪うことしか考えない。これぞ野球の基本中の基本だが、1球、1球に集中力を保ち続けることは簡単ではない。

アイバーはドミニカ共和国の出身だが、中南米出のメジャーリーガーに共通したことがある。それは、小さい頃から「振らなければ何も始まらない。強く振らなければ何も起こらない」と教えられていることだ。そこには、いい球をじっくり待って、選んで打つ「好球必打」という考えはなく、まず振ることからしか始まらない積極性が守備を含めた全ての面で重要となるのだ。

「全力でプレーする本当にいい選手」と認める松井秀は、そのアイバーに刺激を受け、失っていた積極性を取り戻し、左肩の開きも修正した。「5月の借りを返す」べく復活した”赤ゴジラ”の6月反攻は見ものである。

<関連記事>
夏男、松井秀喜、「精一杯」が未来を開く
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でメジャーリーググッズを見るAmazon でメジャーリーグの関連商品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます