胡蝶蘭やオンシジュームなど蘭は身近に見かけることが多い花です。栽培をしている方や鑑賞するのが好きな方、蘭の花のファンも少なくありません。

世界らん展日本大賞 2009の模様を紹介するとともに、会場に展示されている蘭の写真を元に撮影のポイントをご案内します。

世界らん展日本大賞 2009

今回19回目となる世界らん展日本大賞 2009。らん愛好家、栽培業者らが育てた蘭を出品し年に一度東京ドームで開催される、世界で最大となる蘭のイベントです。

19回目は、「蘭、と暮らす。~美しい欄と、美しい人生を。~」をテーマに蘭の楽しみ方、魅力を提案。会場では蘭についての栽培講座やイベント、栽培業者による蘭の花や関連商品の販売も行われます。

また6部門に分けられたグループに出品された蘭を審査した発表会でもあります。後ほど、最高の賞となる「日本大賞」を受賞した蘭もご紹介します。

世界らん展
東京ドームに掲げられた世界らん展のタイトル看板。毎年東京ドームで開催されます

世界らん展
会場内では、各部門で入賞した蘭の花や団体による蘭のディスプレーが展示されています。ドームの中全体が蘭ワールドと化します

世界らん展
世界らん展は、毎年多くの愛好家でにぎわいます。今回は約45万人の入場を見込んでいます


次のページから蘭の撮影ポイントをご案内しましょう!>>