デジカメの写真一枚の記録容量はコンデジでも1000万画素を超えるものも珍しくなくなりました。さらに記録メディアも大容量のものでも安価になり、気軽に高画質の写真をたくさん撮れる時代の到来とも言えます。

しかし、そうなると次に大変なのが撮った写真の整理方法。いつまでも記録メディアやパソコンのハードディスクに溜めておくと知らない間に容量の限度近くになることも。そんなときはパソコンに収まりきらなくなったデータの保存方法を上手に活用させましょう。そして、集めた写真データの整理術も含めてご紹介します。

最も手軽なCDに移す方法


画像データ
フォルダにはたくさんの写真データ。知らない間にデータでハードディスクの容量一杯になっていませんか?

CDドライブ
パソコンのディスクドライブを使ってデータを移すのが最もかんたんなパックアップの方法のひとつ

写真データのバックアップの簡単な方法としてまずは、CDにデータを移す方法が筆頭にあげられます。パソコンのディスクドライブを使い、DVD-ROM、またはCD-ROMにデータを記録させます(読み込み専用のディスクドライブではデータを記録させることはできません)。

必要な写真データを誰かに手渡す時にも、CDに入れたものを送ったりもできます。もっとも簡単にデータを保存する方法と言えるでしょう。データを持ち出したり、見える形で残しておきたいときに便利な方法です。

CDにデータを入れてファイルしておけば、パソコン本体とは別の場所に保管できるのでデータのパックアップ場所のひとつとして活用できます。

しかし、欠点もあります。それは、パソコンで再生するときに読み込みに時間がかかったり、CDのデータ面に傷などをつけることで再生できなくことがある点。保管している間にCD面に傷がついたりするとデータを入れたはずのCDが読み込めなくなることもあるので、CDにデータを入れておけば万全とはいえないようです。


>>次のページで、さらにデータを保存させる外付けハードディスクをご紹介します!