年賀状にどんなデザインや絵柄にして出そうかと毎年悩みます。そんなときのひとつのアイディアとして干支の着ぐるみを着て撮影した写真を使ってみてはいかがでしょうか。きっと評判になること受け合い。

2009年の干支、丑の気ぐるみを着て年賀状用のコスプレ撮影するときのポイントをご紹介します。

着ぐるみを着たら撮影本番です


牛着ぐるみ
まずは牛の着ぐるみに着替えて撮影を開始です


この撮影で用意するものは、牛の気ぐるみ。ネットでも簡単にオーダーして
入手することができます。大人用、子供用とあるので着る人の大きさに合わせて準備します。

着ぐるみまではちょっと、という方には牛のカチューシャなど手軽な小物もあります。

手作りの品もいいでしょう。小さなお子さん用に牛のかぶり物などを作ってあげると喜ばれそうです。それぞれの要望に合わせてコスプレ用品を用意します。

さぁ、モデルとなる方が着ぐるみを着てカメラを持てば準備ができました。それでは撮影していきましょう。


次のページから牛になって撮るときのポイントをご紹介していきます!