こっちを向いたときがチャンスです

マスゲームやフォークダンスなども運動会では定番。大勢の子どもたちがフィールドで踊ったりするシーンでの写真を例に見ていきましょう。

マスゲーム
完全に真横なのがちょっと残念。必ずカメラに顔を向けるときが来るので、その時を待って撮るといいですね。

ここでは、一番手前の女の子が撮りたい被写体です。完全に真横を向いてしまってますね。頭の部分も後の女の子と重なってしまいました。

人物を撮る時の一番大きなポイントは、表情を撮るということです。特にお子さんの写真では、表情をいかに撮るかが出来を左右しますから大事です。運動会の写真でもこれは同じこと。その表情も、その子の持つ一番輝いているところを撮れたらベストです。そんな一瞬の表情をとらえましょう。

マスゲームやダンスは規則性のある動きをします。つまりある程度、次の動きが予測できるわけです。これは写真を撮るのにはとても好都合なこと。その予測した動きに合わせて撮れるのですから、こんな撮りやすいことはありません。ある程度動きを見極めたら、次の動きに合わせてフレームを整えて待ってましょう。

必ず、向けているカメラに対して正面を向くシーンが来ます。こちらを向いたらシャッターチャンスです。逃さず撮りましょう。そのためには、カメラを構えて動きを追うことがポイント。表情が見えたら押す、これを繰り返してみましょう。表情豊かな写真を撮ることを心がけるだけで、撮る写真は変わってきます。ぜひお試しになってください。

次のページで、さらに重要な撮影テクニックを公開