自分はいったいどういう人なんだろう?占いで未来を予測することと同じくらい気になるのが、この項目かもしれませんね。堅く言い換えれば、客観的な自己把握の基本にもなりますし。あなたのホロスコープから、12ハウスの星座を元に12項目で判定してみましょう。
写真のタイトル
 



ホロスコープには12のハウスがあります。

そして、その12のハウスが生年月日時間により、基本的には12種の星座に人それぞれ別れます。

第1ハウスがおうし座の人がいれば、しし座の人もいる。このように各ハウスごと、12の星座のいずれかになるわけです。

また、12のハウスはそれぞれ、あなた自身を12の項目に分けて考察していくための原型を提示してくれます。

このシリーズでは、この12種の原型について。

4回にわたり、解説していこうと思います。

12ハウスが、それぞれ、あなたのどういう部分を表しているかは?

以下の通りです。


■第1ハウス  世間からこういう人だと見られがちなタイプ  

■第2ハウス  経済観念 

■第3ハウス  生身の好奇心  興味の対象の根にあるもの

■第4ハウス  家庭からの影響 ~ 先祖からの影響

■第5ハウス  恋愛観   

■第6ハウス  仕事観 

■第7ハウス  結婚観    

■第8ハウス  SEXの傾向 

■第9ハウス  自省の臨界点のよりどころ(魂の寄る辺、土壇場の踏ん張り)

■第10ハウス 世間に対し、自分がこういう人だと思われたいタイプ

■第11ハウス 友情関連の傾向

■第12ハウス あなたのオーラが周囲の人に与えている 効果


3ハウスずつ、あなたの原型像を紐解いていきましょう。

今回は第1ハウス・第2ハウス・第3ハウス についてです。

まずは、ホロスコープを出して、あなたの12ハウスはそれぞれ何座なのかを把握して下さい。