※
遠藤麻木子 ENDO MAKIKO
1972年 神奈川県出身
1999年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻日本画コース修了
最新情報


只今、古波津 陽(こはつよう)監督の映画「築城せよ!」の襖絵等の作画参加してます!(8月公開予定)

All About で興味あるテーマ:やはり日本画

展覧会の予定
展覧会名:小説を描く
出品:磯部光太郎、遠藤麻木子、大浦雅臣、越畑喜代美、阪本トクロウ、関本麻己子、高崎昇平、丸山友紀、森燐、芳永彩夏
会期:2009年3月18日(水)~3月24日(火)
会場:銀座松坂屋別館4階美術画廊

 


制作の視点

日本画について長く様々な方が色々と話されてきましたが、歴史の流れの中で姿を変えて今この形に至る日本画という語感を私は好いています。本来、この国の風土や人の気質に見合った、湿気を帯びながらも、幾分すっきりとした余韻の残る画を私も描きたいと願っております。

作品について

いつも幼き頃より身近にある「海」について思いを巡らせながら描いています。「海」から始まり、潮風と共に時に様々なものを通過して…また「海」に帰る。描きたいのは「海」そのものより至ろ海景であり、眺め続ける眼差しの画です。未だちっとも納得が行きませんが。

遠藤麻木子
「檸檬」

いま関心のあること

「ひとの繋がり」…とても未熟な私が申すのも何ですが、生きていく中で夫々親しくなったり…離れたり…また近づいたり、端で見ていても、自身の事でも…仲々面倒だと思うことがしばしば…でも結局、それにこそ救われる。また、教わります。その有り難さをきちんと噛み締めなければいけないなと感じております。