IWATA SOHEI


岩田壮平
1978年 名古屋市生まれ
2002年 金沢美術工芸大学大学院修了→詳しい経歴

テレビを消して、パソコンを消して、ヘッドホンを外して、本を閉じたとき、はたして私たちは自らの力で物事を判断できるのだろうか・・・。
生き物までもが生産ブツと消費ブツ。消費さえすりゃあ手にした気になってしまう。アブナイ、アブナイ。もっと大切にしなきゃ、自分自身の経験を。そうでなくては、ちっとも進歩しないよねぇ、私も世の中も。掴めればなぁ、生きるってことのリズムを。そうすりゃあ、もうちょっとは違った世界が見えてくるはず。
ほら、絵具に染まった筆洗の水の影も、あんなに美しい。

◇制作の視点

今の私のこの頭の先、手指の先、足指の先まですべてを使い、全霊を傾けて、天然の情緒を生け捕りましょう。他を構わず素直な表現を筆より先からトロリと生み出してゆければ。
未来は未来、過去とはまったく違うでしょう私の感ずる天然の妙なる姿を、やっぱり、在るが儘に表現出来れば、言うことナシです。
◇作品について

「water」:人間と人間との関係を取り巻く「湿度」というものを表現したかった。とくに日本人は噎ぶような「湿度」の中で存在することを好むようですからね。

「water」第37回日展特選 2005

「花泥棒は…」:すべての人の心を盗もうとする輩。そんな滑稽なこと出来るはずもないでしょうに・・・。でも何でしょうか、私の愛すべきヒトです。

「花泥棒は…」第38回日展 2006
◇9月の「2007 金沢美大OB 東京・銀座大展覧会」について

Ladies&Gentlmen、ジッチャン、バァチャン、トッツァン、カァチャン、ニィチャン、ネェチャン!! さぁさお立ち会い。金沢美大の大展覧会ですよぉッ。個性のうねり、観るもタダ!感ずるもタダ!!とにかく出品する方が、そう何だから、明日からの人生、見方が変わってしまうかも!!!

展覧会名:2007 金沢美大OB 東京・銀座大展覧会
岩田壮平出品予定グループ展
会期:2007年9月10日(月)~9月22日(土)
会場:ギャラリー戸村



■「2007 金沢美大OB 東京・銀座大展覧会」は金沢美術工芸大学の卒業生が会期(2007年は9月10日~15日)を決め、銀座界隈で一斉に個展・グループ展を開催する大イベントで、2004年に続き2度目になります。今後、オールアバウト[日本画]では出品予定の日本画家をシリーズで紹介していきます。→2007 金沢美大OB 東京・銀座大展覧会詳細

ポートレート・インデックスへ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。