バラの買い方をちょっと工夫するだけで一挙両得

皆さん、ドリームジャンボ宝くじはもう買っちゃいましたか?

私のまわりでも連番10枚バラで20枚の合わせて30枚9000円分購入したって言う方が多かったんですが、まだこれから買う人にお薦めする買い方をご紹介しておきましょう。

普通ジャンボ宝くじなどでは一等前後賞合わせて3億円という事もあり、連番しか買わないって方も中にはいらっしゃるようで……。

バラで買うとその前後賞まで合わせての3億円をみすみす逃してしまっているようでどうしても連番重視で買ってしまう。とか……もっと単純な方は当せん番号調べるのに便利とか……ねぇ。

バラばっかり買ってる方も結構お見かけしますが、このバラの買い方をちょっと工夫するだけで、連番とバラの両方を楽しむ事ができる「縦バラ購入方」って知っていましたか?

例えば30枚9,000円の予算の場合(画像参照)



この場合上から順番に
ユニット22の99組108980
同じくユニット22の99組108981
同じくユニット22の99組108982

同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うと中身のくじ券が全て三枚づつの組と番号が連番になった宝くじ券が10通りそろいます。

ちなみに続く2枚目のくじ券が80組の111951、111952、111953と三連番。

つわものは、この「縦バラ」を大量購入するという方もいらっしゃいます。今回は私も大量にこの「縦バラ」で購入した内のひとりです。

来月には支払期限が迫る昨年度のドリームジャンボの一等と一等の前後賞の未払い当せん金の情報からしてもそれらの未完金の当せんくじは、バラで発売された中から出ていた事が判り、今回も連番よりもバラの方が当せんし易いかもしれませんしね。

ほとんどの売り場で、「縦バラ」と言えば販売員さんに伝わるし、人気の売り場になると縦バラの組み合わせで準備している店舗もあるくらいです。

万が一売り場の方がご存じなくても同一ユニット数と組数番号を確かめて購入すれば良いだけです。

是非、皆さんのお近くの良く当たりの出ている売り場にて、「縦バラ」で30枚9,000円分くださいと言ってぜひ買ってみて下さい。

売り場によっては、早めにバラが売りきれる場合もありますので、「縦バラ」購入はできるだけお早めにお買い求めくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。