東京国際映画祭提携企画<コリアン・シネマ・ウイーク>が今年も10月26日から開催されます! 今年は‘親子の絆’をテーマに、わが子を思う親の愛、親を慕う子どもの愛が描かれた5作品が揃いました。映画界の大御所ソン・ガンホや、ドラマで人気のパク・シニャンやシン・ヒョンジュン主演作も登場。そして、ドラマ『太王四神記』でペ・ヨンジュン扮する広開土大王・談徳の子ども時代を演じて大注目を浴びているユ・スンホ主演の『マウミ…』も! 駐日韓国大使館 韓国文化院主催ならではの、日本未公開新作映画が毎年好評の<コリアン・シネマ・ウイーク2007>のラインナップをお届けします。

『裸足のギボン』

愛すべきギボンを演じるのは、映画『家門の危機』やドラマ『天国の階段』で幅広い演技を見せるシン・ヒョンジュン
日 時:10月26日(金) 開場:19:00 開演:19:30
会 場 :オーチャードホール
監 督 :クォン・スギョン   
出 演 :シン・ヒョンジュン、キム・スミ
(2006年/99分/日本語字幕)

<ストーリー >
幼くして熱病を病み、その後遺症で実際の年齢は40歳だが知能は8歳のままの男・キボン。親孝行のキボンは靴も履かず裸足で駆け回り、町内の店で下働きをしながら母の生活を支えている。ある日、走ることには自信のあったキボンは、ペク里長の勧めでハーフマラソン大会に出場することになるが・・・。

『優雅な世界』

韓国映画界大御所ソン・ガンホが極道役に挑む
日 時:10月27日(土) 開場:15:30 開演:16:00
会 場 :オーチャードホール
監 督 :ハン・ジェリム   
出 演 :ソン・ガンホ、オ・ダルス
(2006年/112分/日本語字幕)

<ストーリー>
極道者のカン・イング。そんな彼も家では家族を愛するごく普通の夫であり、普通の父親だ。彼は立派な一戸建てに住み、家族と優雅に暮らすことを夢見ながらヤクザ稼業に精を出すが、妻と思春期の娘はそんなヤクザ者のイングを恥ずかしく思い避けている。果たしてイングの家族に優雅な生活は訪れるのか…。

次ページでは、「太王四神記」のあの人が主演の映画も!