安心の目安は「固定金利でも払える余裕」

安心の目安は、「固定金利を利用した場合でも返済できるかどうか」。上記の例でいえば、毎月11万3千円を支払うことができるかどうかです。ライフプランにもよりますが、「変動金利の9万1千円が精いっぱい」というのであれば、変動金利の利用はやめたほうがいいでしょう。返済額が上がったときに対応できなくなってしまいます。

ところで、変動金利には「返済額は5年間一定、見直しの際も返済額は従来の1.25倍まで」というルールがあるのが一般的です。これを文字通りに受け取れば、仮に金利が上昇しても返済額は5年間変わらないし、見直しで返済額が上がっても1.25倍まで。このルールがあることで、「変動金利は、家計の管理がしやすい」という評価があるのも事実です。

しかし、金利が上がっても「返済額が変わらない」「返済額に上限がある」ということと引き換えになっているのは、元本返済のスピードです。これを認識しておく必要があるでしょう。

イザというときに対処できるなら「変動金利の選択」もあり

安心の目安として、「イザというときに対処できる」ということも挙げられます。変動金利を利用していて困るのは、金利の上昇で想定以上に返済額が上がってしまったとき。それでも、手持ち資金で返済できる程度の借入れであるケースや、繰り上げ返済で返済額を圧縮できるケースであれば、変動金利の選択も視野に入るでしょう。この場合の繰り上げ返済は、返済額軽減型を利用します。
参考→返済額軽減型の繰上げで金利上昇に対処する方法

今、変動金利は、その金利の低さゆえに、魅力があることは確かです。しかし、その利用は、将来的な金利上昇リスクを引き受けることを意味します。利用するにあたっては、安心の目安を知り、慎重に検討するようにしましょう。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。